マツダ「スカイアクティブ-X」の革新性とは? 「夢のエンジン」、発想の転換で実用化

「スカイアクティブ テクノロジー」搭載車第一弾として2011年6月9日にマイナーチェンジ発売されたマツダ「デミオ」。その後のマツダ快進撃の端緒(画像:マツダ)。
「マツダ技術開発長期ビジョン説明会」にて「サスティナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」が発表された(2017年8月8日、鈴木ケンイチ撮影)。
火花点火と“予混合”圧縮着火の模式図(画像:マツダ)。
火花点火は「燃え広がる」(画像:マツダ)。
SPCCIの模式図。点火プラグで作る火球(種火)が生み出す圧力で、燃焼のための「圧縮」をコントロールする(画像:マツダ)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170811 skyx 01 Thumbnail 170811 skyx 02 Thumbnail 170811 skyx 03 Thumbnail 170811 skyx 04 Thumbnail 170811 skyx 05 Thumbnail 170811 skyx 06

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 薄い燃料ね、直噴を売りにした三菱GDIや2代目セフィーロの2500、特にセフィーロなんて普通の2000のほうが良かったくらいだったし、マークⅡも2500が直噴化された時は迷わず1Gのほうを選んだけどね、どうも進歩とは裏腹に最初に出る技術は実験で炙り出せぬ不具合と言うか?スカイアクティブDIESELのチョイ乗り煤問題なんて想定できなかったもんかね?

  2. ガソリン以外でも使えるんですかねぇ。たとえば水素とかエタノールとか。それらが使えなければ将来的にヨーロッパ輸出は不可になりかねない。