マスコン操作で気分は運転士! としまえん「チャレンジトレイン」9月30日登場(写真15枚)

地元の向南幼稚園の園児を乗せて走る30000系(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
コース内の駅に停車する20000系(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
発車したばかりの2000系(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
アトラクション前に置かれた説明看板。車両によって、マスコンは、ワンハンドルとツーハンドルの2種類がある(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
ワンハンドル車両の運転席(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
ツーハンドル車両の運転席(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
獲得した「通過点」「停車点」「警笛点」の合計が表示されているディスプレイ(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
車両の座席。定員は4人(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
9月28日に行われたテープカット。左から豊島園の依田龍也代表取締役社長、タレントの豊岡真澄さん、西武鉄道の幸田篤司練馬駅管区長(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
40000系の隣でポーズを決める豊岡真澄さん。乗車の感想を「思っていたよりリアル」と話した(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
9月30日のオープン時、先着300人に配られる「チャレンジトレインうんてんカード」(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
園内のフォトスポットに立つ子ども。帽子とジャケットは200円でレンタルできる(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
9月30日の「チャレンジトレイン」オープンの告知(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
「チャレンジトレイン」ミニ電車の運転席からの眺め(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。
全長180mのコースを走る「チャレンジトレイン」の40000系(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170928 toshima 02 Thumbnail 170928 toshima 03 Thumbnail 170928 toshima 04 Thumbnail 170928 toshima 05 Thumbnail 170928 toshima 06 Thumbnail 170928 toshima 07 Thumbnail 170928 toshima 08 Thumbnail 170928 toshima 09 Thumbnail 170928 toshima 10 Thumbnail 170928 toshima 11 Thumbnail 170928 toshima 12 Thumbnail 170928 toshima 13 Thumbnail 170928 toshima 14 Thumbnail 170928 toshima 15 Thumbnail 170928 toshima 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 4名乗りって、じゃあ乗車人数による重さによって加減速度が違ってくるの?それとも人数関係なし?しかしできれば2両編成でE851系の貨車牽引バージョンと12系牽引バージョンも見たかったが。まあいいか。