マスコン操作で気分は運転士! としまえん「チャレンジトレイン」9月30日登場(写真15枚)

遊園地「としまえん」に、新しい乗りもの「チャレンジトレイン」が登場します。西武鉄道の車両を模した「ミニ電車」に乗りマスコンなどを操作。高得点を目指します。

全長180mのコースを3分かけて回る

「チャレンジトレイン」が2017年9月30日(土)、としまえん(東京都練馬区)に新登場します。

170928 toshima 01
全長180mのコースを走る「チャレンジトレイン」の40000系(2017年9月28日、乗りものニュース編集部撮影)。

「チャレンジトレイン」は、西武鉄道の車両を模したミニ電車型の乗りものに乗り込み、マスター・コントローラー(マスコン)やブレーキハンドルなどを操作して高得点(100点満点)を目指すアトラクションです。

 踏切や駅、鉄橋などが配置された全長180mのコースを運転し、「通過点」「停車点」「警笛点」を獲得していきます。例えば「通過点」は、コースの途中にある駅まで目標時間どおりに運転すると20点獲得できる、といった具合。到着時間が1秒でもずれると、減点となってしまいます。西武鉄道によると、初心者の平均点は、40点から50点とのことです。

 1回あたりの運転時間は2分30秒から3分で、車両タイプは西武鉄道の40000系、30000系、20000系、2000系が1台ずつ。定員は1車両につき4人で、利用料金は1人400円です(1日券購入者は無料)。

 西武鉄道は「西武グループとして思いを込めたアトラクション。親子連れや鉄道好きの人たちだけでなく、さまざまな人たちに楽しんでもらいたい」と話します。また、としまえんの年間フリーパス「木馬の会」の会員からは、かねてより「いつ完成するのか楽しみ」といった声が寄せられているといいます。

「チャレンジトレイン」の年間利用客は、10万人〜12万人を見込んでいます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(15枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170928 toshima 02
  • Thumbnail 170928 toshima 03
  • Thumbnail 170928 toshima 04
  • Thumbnail 170928 toshima 05
  • Thumbnail 170928 toshima 06
  • Thumbnail 170928 toshima 07
  • Thumbnail 170928 toshima 08
  • Thumbnail 170928 toshima 09
  • Thumbnail 170928 toshima 10
  • Thumbnail 170928 toshima 11
  • Thumbnail 170928 toshima 12
  • Thumbnail 170928 toshima 13
  • Thumbnail 170928 toshima 14
  • Thumbnail 170928 toshima 15
  • Thumbnail 170928 toshima 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 4名乗りって、じゃあ乗車人数による重さによって加減速度が違ってくるの?それとも人数関係なし?しかしできれば2両編成でE851系の貨車牽引バージョンと12系牽引バージョンも見たかったが。まあいいか。