JR武蔵小杉駅、混雑緩和策に着手 臨時改札新設、南武線ホーム拡幅

JR武蔵小杉駅の概略図と現在の混雑状況(画像:JR東日本横浜支社)。
新南改札付近への臨時改札新設のイメージ(画像:JR東日本横浜支社)。
南武線下りホームでは約50mにわたり拡幅が行われる(画像:JR東日本横浜支社)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171207 jremusako 03 Thumbnail 171207 jremusako 01 Thumbnail 171207 jremusako 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 武蔵小杉駅が混雑している理由として、稲城市や府中市から武蔵小杉駅で横須賀線に乗り換える人が多い話を聞いた事がある。
    横須賀線武蔵小杉駅が出来るまで、京王線を利用していた人も出来た後、徐々に南武線・横須賀線経由に移行していて稲城長沼駅高架後は品川や東京駅ならそちらの方が早い事が主な要因だと思う。
    更に、東横線から横須賀線に乗り換える際には新南口改札の方が便利なことも一因だと思います。
    最も南武線→横須賀線に乗り換える際には地下通路でまとめた方が南武線川崎方面から横須賀線に乗り換える時に便利なのだが…。