飛行機の電動化、その現状とは エアバス、ボーイングほか、各社の動静と今後

ロールス・ロイスはターボシャフトエンジン、2メガワットジェネレーター、パワーエレクトロニクスなどの開発を担当するという(画像:エアバス)。
エアバスとシーメンス、ロールス・ロイスが開発を進めている「E-Fan X」(画像:エアバス)。
シーメンス製の電気モーターを搭載した「330LE」(画像:シーメンス)。
NASAが開発を進めている電動飛行機X-57「マクスウェル」(画像:NASA)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171225 airbus 04 Thumbnail 171225 airbus 01 Thumbnail 171225 airbus 02 Thumbnail 171225 airbus 03

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ダイソン「羽根の無い扇風機」みたいにエンジンポッドの無いジェット機も電気推進なら加納なんじゃないかな、と思う。

    • 昔の空想小説の挿し絵みたいに翼から直接噴射?無理がないか?

    • あれは羽が見えないだけで本体部分に隠れて入ってるんですよ。