飛行機の電動化、その現状とは エアバス、ボーイングほか、各社の動静と今後

クルマでは一般的となったハイブリッド技術ですが、2017年12月現在、航空機の分野でも浸透しようとしています。各社が目指すハイブリッド電気飛行機とは、どのようなものなのでしょうか?

飛行機にもハイブリッド化の波

 エアバスが、ロールス・ロイスとシーメンスの3社共同で、ハイブリッド電気飛行機およびその飛行実験機「E-Fan X」を共同開発すると、2017年11月28日に発表しました。

171225 airbus 01
エアバスとシーメンス、ロールス・ロイスが開発を進めている「E-Fan X」(画像:エアバス)。

「E-Fan X」は2020年の初飛行を目指しており、旅客機のBAe146をテストベッドに、4つあるエンジンのひとつを2メガワットの電気モーターと入れ替えてテストを行い、段階的に電気モーターをもうひとつ増やしていく予定と発表されています。

 エアバスとシーメンスは2016年4月、2020年までに電気もしくはハイブリッド技術を用いた機体の飛行試験を目指すと発表しており、2030年までに100席未満のハイブリット型旅客機を完成させると示唆しました。今回、そのハイブリッド電気飛行機の計画にロールス・ロイスも加わる事が明らかになりました。ロールス・ロイス社は、エアバス機に採用されている「トレント」や「V2500」などのエンジンを製造しており、そのノウハウを活かせる事となります。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171225 airbus 04
  • Thumbnail 171225 airbus 01
  • Thumbnail 171225 airbus 02
  • Thumbnail 171225 airbus 03

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ダイソン「羽根の無い扇風機」みたいにエンジンポッドの無いジェット機も電気推進なら加納なんじゃないかな、と思う。

    • 昔の空想小説の挿し絵みたいに翼から直接噴射?無理がないか?

    • あれは羽が見えないだけで本体部分に隠れて入ってるんですよ。