新幹線と在来線はどこが違う? 流線型にしたら速く走れるのか

秋田新幹線「こまち」の最高速度は320km/h。しかし在来線区間では線路設備の関係で130km/hまでしか出せない(児山 計撮影)。
最高320km/hで運行するE5系新幹線。騒音を抑えつつ高速運転を行うため、先頭車のノーズは15mもの長さに(児山 計撮影)。
新幹線を除く国内の鉄道で最速の京成特急「スカイライナー」。最高営業速度は160km/h。ただし出せる区間は高速運転用に造られた成田スカイアクセスの一部区間のみ(児山 計撮影)。
線路を高規格で造ったつくばエクスプレスでは130km/h運転を行っている(児山 計撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171225 chigai 03 Thumbnail 171225 chigai 01 Thumbnail 171225 chigai 02 Thumbnail 171225 chigai 04

関連記事

最新記事