アジアンタイヤは市民権を得たか 「安かろう悪かろう」を払拭?

2018年1月、ポルシェ「カイエン」に続き「マカン」にも、ネクセンのSUV用タイヤが新車装着用として採用された。画像は2014年発売の「マカンS」(画像:ポルシェ)。
世界でシェアを伸ばしているというアジアのタイヤメーカー。写真は台湾のナンカンタイヤ(画像:ナンカンタイヤ)。
「大阪オートメッセ2018」に出展された、韓国タイヤメーカー、ネクセンのブース(画像:ネクセンタイヤジャパン)。
韓国のハンコックは、「ドイツツーリングカー選手権」の公式パートナーとしてタイヤを供給している(画像:ハンコックタイヤジャパン)。
ATRラジアルは天然ゴムの一大産地、インドネシアのタイヤメーカー(画像:ATRラジアル)。
タイヤビジネス誌/ブリヂストン「ブリヂストンデータ2017」より、2005年と2016年のタイヤ世界市場シェアランキング(掲出資料より乗りものニュース編集部にて作成)。
米「SEMAショウ2017」にて、名前もブースもアメリカンなフェデラルは、台湾のタイヤメーカー。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180323 asia 07 Thumbnail 180323 asia 01 Thumbnail 180323 asia 02 Thumbnail 180323 asia 03 Thumbnail 180323 asia 04 Thumbnail 180323 asia 05 Thumbnail 180323 asia 06

関連記事

最新記事