F-15、「K」と「J」では大違い? 韓国機と空自機、似て非なる別モノといえるワケ

アメリカ空軍のF-15E。「E」とその派生は胴体横、主翼付け根の下のコンフォーマルタンクが標準装備。通常型のF-15Cなどにも取り付けは可能(2017年、石津祐介撮影)。
韓国向けのF-15K、愛称は「スラムイーグル」(画像:アメリカ空軍)。
F-15Eは、合計11トンもの兵装搭載が可能(2017年、石津祐介撮影)。
航空自衛隊の主力戦闘機、F-15J「イーグル」(2018年、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180406 f15k 04 Thumbnail 180406 f15k 01 Thumbnail 180406 f15k 02 Thumbnail 180406 f15k 03

関連記事

最新記事