赤い「カタナ」あらわる! エンブレムも専用カラー 100台限定 スズキ

「刀」デカールやエンブレム、シートステッチも専用カラー採用!

 スズキが2020年12月24日(木)、大型二輪車「KATANA(カタナ)」に特別色を設定し、販売すると発表しました。

 今回の特別色は「キャンディダーリングレッド」。2020年3月27日にスズキがそのウェブサイト内で公開した「スズキWEBモーターサイクルショー」の企画、「KATANAカラーアンケート」で最も人気が高かった参考出品車がベースになっています。

Large 201225 katana 01
赤い「KATANA」(画像:スズキ)。

 この特別色「キャンディダーリングレッド」では、ホイール色をボディーと同系色のダークレットにしているほか、ハンドルバーやフロントフォークアウターチューブ、チェーンなどにゴールドを採用し、「KATANA」の独創的なスタイリングにさらなる上質感を加えたとのこと。「刀」デカールやエンブレム、シートステッチも専用カラーが採用されました。

 価格は159万5000円(消費税込み)。2021年1月11日(月・祝)15時から、スズキの販売サイト「S-MALL(エスモール)」を通じて先着順に予約が受け付けられます。

【了】

【写真】赤い「KATANA」のスタイリングを写真でチェック!

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to 二十歳で工場長 Cancel reply

2件のコメント

  1. なぜ限定車だ。

  2. 時代は変わったな〜、昭和50年代後半にGSX750Eの見積書を作成してもらったけど確か?65万前後で乗り出せたような記憶があるのだが?
    まあ当時はそれでも手が届かないからZ550FXの中古にしましたけどw