「列車が1本も停まらない駅」赤岩駅、3月12日に廃止 奥羽本線

仙山線の西仙台ハイランド駅、八ツ森駅に続いて…

停車列車が皆無でも存在し続けた駅

Large large 190829 sksretsuden400kei 31
奥羽本線を走る山形新幹線400系電車(恵 知仁撮影)。

 JR東日本は2021年1月20日(水)、福島県福島市にある奥羽本線の赤岩駅を3月12日(金)で廃止すると発表しました。

 赤岩駅は周辺に人家が見られない秘境駅として知られており、2012(平成24)年からは冬季に、2017年からは通年で全列車が通過となっていました。

 なお今後、駅構内への立ち入りは禁止となります。

 かつて「停車列車が1本も無い駅」は、仙台と山形を結ぶ仙山線にもありました。県境近くに臨時駅として設置された「西仙台ハイランド」「八ツ森」の2駅で、2000年代初頭から全く営業されることなく、2014(平成26)年に正式に廃止されました。

 【了】

この記事の画像をもっと見る(1枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to 戦国時代には猪苗代氏の治めてた土地 Cancel reply

2件のコメント

  1. 了様ありがとうございます。やはり誰も乗らない駅(鉄オタどもが秘境駅とか言っている駅)はいりませんね。今のコロナ禍でも外出自粛で移動が激減する中、それ以前でもあってもいらない駅が全国多数あります(中には駅と言うよりもただのオブジェや空き小屋も)。この際だから新しい生活様式も兼ねて誰も乗らない不用な駅を一掃した方が経費節減やコスパ向上につながると思いますが、了様はどう思いますか?

  2. もう営業する気無いなら磐越西線の猪苗代湖畔(臨)もさっさと廃止してくれ!
    磐越西線の全駅制覇がここのせいで終わらねえんだよ!