ヤマトの「クロネコ」64年ぶり刷新 宅急便トラックも新デザインに 新事業用マークも設定

同じようでもいろいろと変わっています。

新マークは「より未来志向のデザインに」

Large 210301 yamatohdlogo 01
新しい「クロネコマーク」(画像:ヤマトホールディングス)。

 ヤマトホールディングスは2021年3月1日(月)、企業シンボルマークの「クロネコマーク」について、4月1日(木)から新デザインのものを使用すると発表しました。デザイン変更は1957(昭和32)年の制定以来、初めてといいます。

 クロネコマークは黄色の楕円を背景とし、親ネコが子ネコを運んでいるデザインです。初代デザインを踏襲しつつも、楕円の黒い輪郭がなくなりやわらかく広がりある形に変わるほか、親ネコのしっぽや耳の形も変わっていたり、親ネコと子ネコの脚もシンプルにまとまっていたりするなど違いがあります。

 同社は「『クロネコマーク』に込めた想いを変えることなく、都市や街、地域の環境により調和し、溶け込みながら、日々重ねてきたサービスをさらに進化させていく意思の表明として、より未来志向のデザインに磨き上げました」と紹介しています。

 新クロネコマークの制定とあわせて、新たにアドバンスマークが登場します。親ネコと子ネコのシルエットを直線的に表現したこのアドバンスマークは、新サービスや新事業で使われる方針です。

 このほか、コーポレートカラーとして、黒、黄、白、グレーの4色を採用。ヤマトグループで使う統一ロゴタイプも開発しています。

【了】

【画像】64年間使われてきた初代「クロネコマーク」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to K1 Cancel reply

3件のコメント

  1. 親猫が子猫をこのように運んでいるのを見たことが無い人にこのデザインの意図を説明しにくいです。

  2. 遂にクロネコヤマトのマークが変わるのか…。
    見慣れている従来のマークのデザインから大幅な変更は加えられていないので、決して悪くはないですが、コーポレートカラーには緑は入れて欲しかったかな?
    やはりヤマト運輸の車両や配達員の服装等で、緑は一番馴染みがありましたので…。

  3. 今までのクロネコは歩いている。
    新しいクロネコは止まってこっちを見ている。
    一寸まずいんじゃないかと思う。