「バックします、ご注意ください」は騒音なのか はたらくクルマの音声、あまり聞かなくなった?

ゴミ収集車や宅配車など、いわゆる「はたらくクルマ」では「バックします、ご注意ください」といった音声が流れます。安全のために設けられているものの、これをあえて鳴らさないというケースもあります。

「音がうるさい」 自治体どう対応?

 大型トラックや観光バス、それより小さな宅配トラックやゴミ収集車などでは、「バックします、ご注意ください」「左へ曲がります、ご注意ください」といった音声と警告音が流れることがありますが、以前と比べて、この音声をあまり聞かなくなった気もします。

Large 180703 backalarm 01
ゴミ収集車のイメージ(乗りものニュース編集部撮影)。

 実際にはどうなのでしょうか。消防車やゴミ収集車といった特殊車両の架装で知られるモリタグループの持ち株会社、モリタホールディングス(東京都港区)によると、「音声装置の装着が減っているわけではありません。ただ、ゴミ収集車やバキュームカーといった環境衛生車においては、夜間や早朝の作業でご迷惑にならないよう、音量を半減させたり音を消したりできることもあり、以前よりも聞かなくなったと感じられるかもしれません」とのこと。

 つまり、このような音声装置を装着していても鳴らさないケースがあるようです。東京都豊島区でごみ収集事業を管轄するごみ減量推進課は、次のように話します。

「歩行者が通る環境で収集作業を行うこともありますので、バックや右左折時も含め、基本的には音声で注意を促しています。しかし、住宅密集地や狭小地など、区民の方から『音声がうるさい』といったお声をいただいた場所については、音声をオフにしています」(東京都豊島区 ごみ減量推進課)

 豊島区においては、特定の時間帯や場所で音声を消すといった決まりはなく、要望が寄せられた場所において、現場レベルで個別に対応しているそうです。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180703 backalarm 02
  • Thumbnail 180703 backalarm 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ガッツ石松、50円ください!!
    って聞こえるアレか。

  2. で、切ってたら切ってたで視覚障害者が轢かれたりてのが実際に起きてたりするわけで。
    こりゃ働くクルマを廃止する他無いなw

  3. 騒音ととらえたひとは、自分勝手すぎます。
    人の為、我が子の為と考えて、バックします、ご注意下さいは、鳴らしても、良いので無いでしょうか?