【空から撮った鉄道】春うららかな房総半島の私鉄2 いすみ鉄道

前回は、小湊鐵道「里山トロッコ」を養老渓谷駅至近の“石神菜の花畑”で撮影しました。今回は続きとして、いすみ鉄道の看板列車「キハ52形+キハ28形急行列車」などを追います。

この記事の目次

・上総中野駅は後回し
・急行列車を追いかける
・通常の列車の撮影も怠ることなく
・上総中野駅へショートカット

【画像枚数】17枚

上総中野駅は後回し

 小湊鐵道の「里山トロッコ号」を撮影したあと、小湊鐵道といすみ鉄道の接続駅である上総中野駅は後回しにします。養老渓谷駅手前の菜の花畑からダイレクトに真っ直ぐ東進すると、だいたい3分ほどでいすみ鉄道の大多喜駅へ至ります。行く手に高い山はないので、高度もそんなに上げずに済みました。もし高い山がある場合は、グルグルと旋回しながら高度を上げねばならず、それだけでロス時間となります。

Large 210309 isumi 01

拡大画像

首都圏色のキハ52形と国鉄急行色のキハ28形による急行列車が大多喜~小谷松間を行く(2018年4月1日、吉永陽一撮影)。

 少々急いだのは、いすみ鉄道のキハ52形+キハ28形の急行列車が大多喜駅を発車する時間だったからです。真っ直ぐ進めば、小谷松駅付近で捉えられるはず。前方の夷隅川を注視すると、首都圏色(通称:タラコ色)を纏うキハ52形が夷隅川を渡る前でした。現在のキハ52形はツートンカラーへ塗り替えられており、タラコ色の空撮は貴重なものとなりました。私が生まれた時から一般気動車はこの色が主流だったので、ツートンカラーよりもタラコ色のほうが懐かしく親しみやすいです。

Large 210309 isumi 02

拡大画像

上の写真を撮影する直前、キハ52形+キハ28形は第五夷隅川橋梁を渡る(2018年4月1日、吉永陽一撮影)。

 すかさずセスナ機の機首を右に振ってもらい、私がカメラを構えている左後席窓には夷隅川の鉄橋が望めました。前方に列車が見えたとき、こうしてすぐ右に振ってもらうと撮影しやすく、シャッターチャンスも多くなるので、鉄道を空撮するときはよくやります。機体がクイッと旋回するので、あまり気持ちの良い感覚ではありませんが……。

急行列車を追いかける

 夷隅川を渡ったあとの急行列車を追っていきます。いすみ鉄道は小湊鐵道と同じく2012(平成24)年に撮影して以来の空撮です。今回はこの急行列車をメインにします。天候は明るい曇りで、桜や菜の花の発色は大人しめですが、列車のディテールを写すには申し分ありません。

Large 210309 isumi 03

拡大画像

満開の桜2本が咲く東総元駅にキハ52形+キハ28形が進入する。ちなみに、いすみ鉄道の急行列車は大多喜~上総中野間では普通列車となる(2018年4月1日、吉永陽一撮影)。

残り1608文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 吉永陽一(写真作家)

1977年、東京都生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、建築模型製作会社スタッフを経て空撮会社へ。フリーランスとして空撮のキャリアを積む。10数年前から長年の憧れであった鉄道空撮に取り組み、2011年の初個展「空鉄(そらてつ)」を皮切りに、個展や書籍などで数々の空撮鉄道写真を発表。「空鉄」で注目を集め、鉄道空撮はライフワークとしている。空撮はもとより旅や鉄道などの紀行取材も行い、陸空で活躍。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」