山手線の車掌が1日300回も「全集中」するワケ 池袋運輸区で聞いてきた

JR東日本が現役車掌たちによるオンラインイベントを開くのですが、山手線を担当している池袋運輸区のテーマは「山手線、300回の全集中!!」。その理由を聞くと、納得がありました。「300」は山手線ならではの特徴だそうです。

『鬼滅』にのっかった山手線?

 コロナ禍で外出が難しいなか、子どもたちの役に立てれば、自由研究に使ってもらえればとJR東日本がこの夏、オンラインイベント「車掌さんのお仕事体験」を開催します。

 首都圏の5乗務員区がそれぞれテーマを設け、「Zoom」を利用してオンラインイベントを実施するものです。

Large 210726 ikebukuro 01

拡大画像

山手線のE235系電車(画像:写真AC)。

 山手線を担当する池袋運輸区のテーマは「山手線、300回の全集中!! ~ドアさばき達人への道~」。大人気の『鬼滅の刃』にのっかったのかと思いましたが、実際に池袋運輸区で話を聞くと、「なるほど!」と思いました(もちろん、のっかったところもあると思いますが)。

 山手線の車掌は基本的に、1日の勤務で山手線を5周するそうです。

 山手線の駅数は、30です。

 山手線の車掌は、その各駅でドアを開閉――すなわちドアを2回操作します。

 山手線は、利用者の多さで日本有数の路線です(2019年度の平均通過人員は112万1254人/日)。

 つまり――。

【通常非公開】プロが使う「山手線訓練装置」【写真】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント