行き先は引くまで不明!! LCCピーチ「旅くじ」まさかの”都内の宝くじ売り場”に誕生 しかも特別仕様!

今後は関西展開もあるそうですよ!

西銀座、八重洲など4店舗で

 LCC(格安航空会社)のピーチが、東京の有名宝くじ売場という「西銀座チャンスセンター」のほか、八重洲地下街チャンスセンター、立川チャンスセンター、立川ルミネチャンスセンターの4 店舗で「開運旅くじ」の販売を開始しました。

Large 01

拡大画像

都内の宝くじ売り場で展開されている「開運旅くじ」の様子(画像:ピーチ)。

「開運旅くじ」はピーチの名物企画である「旅くじ」を発展させたもの。指定された行先(ランダム)と航空券の購入に使えるピーチポイントの交換コードの記載がある紙で、有効期限内にコードなどを用いて航空券を購入することで、その指定地へ旅行へいけます。この「どの行き先が出るかわからないワクワク感」から、これまでも好評を博してきました。

「開運旅くじ」では、くじを引くまで行き先がおみくじをモチーフにした木筒から番号がふられた棒を取り出し、宝くじ売場の販売員から旅くじを受け取るスタイルを採用。今回発売される4店舗では、成田→女満別、釧路、新千歳、関西、福岡、大分、長崎、宮崎、奄美、那覇、石垣の国内11路線のうち、指定された行き先の航空券が購入できるピーチポイント6000円分(ごくまれに1万円分のときも)の交換コード、各就航地の開運につながるミッションが記載されています。料金は1回5000円です。

 また、同社によると8月17日からは、大阪・名古屋エリアのチャンスセンターでも「開運旅くじ」を展開する予定とのことです。

【了】

【写真】本当に引けるのね… 「開運旅くじ」の中身例

最新記事

コメント