実はイメージと違う? 足湯付き新幹線

足湯付きの新幹線車両「とれいゆ」が登場しましたが、あなたのイメージとはちょっと違うかも?

それは勘違い?

 2014年6月30日(月)、JR東日本の足湯付き新幹線車両「とれいゆ」が公開されました。6両編成のうち1両に足湯が2ヶ所設けられており、流れ去る景色に心を癒やされながら、身体も癒やすことができます。

 運転は7月19日(土)から。山形新幹線(福島~新庄)で、土休日を中心に「とれいゆつばさ」として1日1往復運転される予定です。全車指定席のため、乗車には事前に切符を購入する必要があります。また足湯はこの列車を使った行商品の購入者向けで、普通に切符を購入して乗車した一般客は、足湯に空きがある場合のみ、車内で別途料金を支払って利用することが可能です。

「とれいゆ」足湯車両のイメージ。お湯があふれないよう、湯の内側には緩衝材が張られている。

 さてこの話を聞き、東海道新幹線や東北新幹線の車両に足湯ができたようなイメージを浮かべた人も多いかもしれません。しかしそのイメージは、とりあえず捨てたほうが良いでしょう。

この記事の写真一覧

  • 20140702_tore2
  • 20140702_tore1
1 2

関連記事

最新記事

コメント