山手線に新車『E235系』登場で、あの路線が変わる?

山手線に新車が入ればあの路線が変わる?

 この山手線への新車投入によって、いくつかの路線に影響が出る可能性があります。

 2002年、山手線へ現在の車両、E231系500番台が登場しました。これにより、それまで山手線を走っていた205系と呼ばれる車両はどうなったかというと、改造されて別の路線で第二の人生を送ることになりました。

 今回また山手線に新車が入るわけですが、そうするといま山手線を走っているE231系500番台は先代の山手線車両205系と同様に、他の路線で第二の人生を送る可能性が高い――つまり他の路線の車両が、元山手線の車両に置き換えられる可能性が高いのです。

 ではどの路線が元山手線の車両になるのでしょうか。

Large 20140702 2532
元山手線の205系を使っている武蔵野線。

 先代の山手線車両205系が第二の人生を送っている路線は南武線(川崎~立川など)、鶴見線(鶴見~扇町など)、武蔵野線(府中本町~西船橋)、八高・川越線(八王子~高麗川~川越)、仙石線(あおば通~石巻)がなど挙げられます。

 このうち南武線には別の新車が入るため、また山手線のお下がりということはありません。

 それ以外の路線については可能性が比較的あるかもしれませんが、実際のところは不明です。中央・総武線(三鷹~千葉)に山手線のお下がりが入り、そこを現在走っている車両が別の路線へ行く、という見方などもあるようですが、さてどうなるでしょうか。

 ちなみにかつて山手線を走っていた205系車両には、現在インドネシアで走っているものもあります。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

コメント

1件のコメント

  1. そして205系はジャカルタ都市鉄道が狙っている、と