次期政府専用機B777-300ERはどんな機体?

政府は次期政府専用機にボーイング777-300ERを採用しました。どんな航空機なのでしょうか。

ストレッチ&航続距離延長型のB777

 日本政府は2014年8月12日(火)、現在の政府専用機ボーイング747-400の後継に、ボーイング777-300ERを採用すると発表しました。2019年度から使用される予定で、整備業務は全日空が請け負います。

全日空仕様のボーイング777-300ER。主翼の下にあるタイヤが6輪×2脚で12個あるのがB777の特徴(資料:ボーイング)。

 このB777-300ERは元々、1988年に初飛行したB747-400の後継用途を念頭に開発された機種で、初飛行は2003年です。その意味では今回、次期政府専用機にB777-300ERが採用されたのは順当ともいえます。

 B777は大きくB777-200とB777-300に分けられ、「200」の全長は63.7mで「300」は73.9m。簡単にいえば「300」は「200」の胴体をストレッチ(延長)し、より大きい輸送力を確保したものになります。

 日本の航空会社では全日空と日本航空が「200」と「300」の両方を使用しており、それぞれ国内線仕様と国際線仕様があります。

 このうち国内線用B777-300は全日空が514席、日本航空が500席と、「ジャンボ」の愛称で知られるボーイング747に匹敵する輸送力を誇っています。ちなみに、エンジンを2基しか搭載しない「双発機」で定員が500名以上あるのは、このB777-300だけです。

 また「ER」は「Extended Range」の略。これが付く場合は航続距離が高められた機体、という意味になります。つまり次期政府専用機のB777-300ERは、胴体が延長され輸送力が大きく、航続距離も長いタイプのB777型機、ということになります。

この記事の写真一覧

  • 20140812_seihu
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. いまさらだが、これだけの搭載量(座席数)が必要なのか? かつて747-400が選ばれたのは、航続距離が必要だったからではなかったっけか? その意味で、787か、実績と言うなら777でも-200LRが良かったと思うのだが。