【今日は何の日?】通称「大八廻り」開通

現在のJR中央本線が、岡谷駅から塩尻駅まで延伸しました。

 1906(明治39)年の6月11日。現在のJR中央本線が、岡谷駅(長野県岡谷市)から塩尻駅(同・塩尻市)まで延伸しました。

Large 150611 daihachimawari 01
岡谷~辰野~塩尻間は「大八廻り」と呼ばれる。

 現在、同区間は距離の短いみどり湖駅(長野県塩尻市)経由がメインルートですが、このとき開通したのは辰野駅(同・辰野町)経由のルート。遠回りなこと、伊藤大八という政治家が辰野への路線誘致へ関わったとされることから、岡谷~辰野~塩尻間は「大八廻り」として、「我田引鉄」の一例に挙げられることがあります。

 ただ当時の技術では、長大トンネルが必要なみどり湖駅経由のルートは、そもそも難しかったともいわれます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(1枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 貨物列車も塩嶺トンネル経由になった今、よく辰野〜塩尻を残していますよね。伊那市方面から松本へは岡谷でスイッチバックした方が早かったりして。