降車ボタンを発売 東急バス

東急バスが、「降車ボタン」を自宅でも楽しめるようにして発売します。

「アナウンス」の録音も可能

 東急バス(東京都目黒区)が2015年8月22日(土)、自宅でも気軽にバスの降車ボタンを楽しめる「東急バス降車ボタンキット」を発売します。

150819 kousya 01
ボイスレコーダー機能を併せ持つ「東急バス降車ボタンキット」(写真出典:東急バス)。

 実際の東急バス車両で使用されている株式会社オージ製の降車ボタンを採用し、設計・製造を行った「本物志向」とのこと。ボイスレコーダー機能が内蔵されており、音声をあらかじめ自分で録音しておくと、ボタンを押した際に「とまります」ランプが発光すると共に、録音した音声が流れる仕組みになっています。


 価格は3500円(税込)で、別に9V乾電池とプラスドライバーが必要です。「電車とバスの博物館」(神奈川県川崎市)や東急百貨店の渋谷・本店、たまプラーザ店、バスイベント時における東急バスブース、インターネット通販「TOKYU STYLE」などで販売されます。


 東急バスはこの「降車ボタンキット」について、特に小さな子どもに楽しくバスの乗り方を理解してもらう“ひとつの機会”と捉えているといい、「今後も公共交通であるバスの魅力を発信し、ご利用いただけるような取組や商品開発を行ってまいります」としています。


【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント