「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第20弾、洞爺湖~羅臼 もしあのとき、こうしていたら…

6月20日夜に放映された、テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第20弾。その道中、「もし違う選択をしていたら……」という場面がいくつかありました。もしそこで別の決断をした場合、どうなっていたのでしょうか。

人気シリーズの第20弾

【この記事には番組のネタバレを含みます】

 テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの」、森尾由美さんを“マドンナ”に迎えたその第20弾が2015年6月20日(土)夜、放映されました。

 出発地は北海道の洞爺湖で、目的地は同じく北海道の羅臼。ただ今回は途中、地球岬と襟裳岬、納沙布岬の3チェックポイントに立ち寄り、太川陽介さん、蛭子能収さん、森尾由美さんの3人が揃って記念写真を撮るというルールが加えられています。

 結果的には、シリーズ最長の約1120kmを走破しながら、シリーズでもっとも早い4日目11時10分にゴール。見事、成功しました。しかしその途中、「もしこのとき、違う選択をしていたら……」というシーンがいくつか存在しています。

 まず1日目、苫小牧前バスターミナルから道南バスの特急「うらかわ号」に乗って、終点の浦河ターミナルへ19時30分に到着。一行はそこでさらに先、様似営業所までバスがまだあることを発見しましたが、それには乗らず、浦河で宿泊しました。もしこのとき様似まで行っていたら、もっと早く進めたのでしょうか。

チェックポイント制になった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第20弾。四国一周の第10弾以来(2012年10月、恵 知仁撮影)。

 浦河5丁目を20時19分に発車するジェイ・アール北海道バスの様似営業所前行きに乗ると、様似駅へは20時45分着。そこで宿泊した場合は翌朝、一行が実際に乗ったバスより約4時間も早い、様似駅6時25分発の広尾行きジェイ・アール北海道バスに乗ることができます。

 このバスはえりも岬バス停を経由しませんが、千平口というバス停に7時14分着。7時25分発のジェイ・アール北海道バス様似営業所前行きに乗ると、えりも岬7時43分着。そして11時09分発のジェイ・アール北海道バスで広尾へ12時05分に到着し、12時17分発の十勝バスで帯広駅バスターミナル14時40分着、15時05分発。陸別で乗り継ぎ19時44分に北見へ到着します。

 ただその先が翌朝までなく、結局は3日目の朝9時30分に北見発と番組と同じに。もし浦河で様似まで行っていたら、北見の夜をノンビリ過ごせたかもしれませんが、目的地へ早く着くことはありませんでした。また1日目、街の規模が浦河より小さい様似へ行っていたら、宿探しに難儀していたかもしれません。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 再度見たい放送日を教えて下さい 京都在住