外装はうろこ柄 鯛をイメージした観光列車、加太さかな線に登場 南海

南海電鉄の加太線に、車両の内外へ「鯛」のモチーフがちりばめられた観光列車「めでたいでんしゃ」が登場します。

「加太の鯛」と「淡嶋神社の縁結び」をイメージ

 南海電鉄は2016年2月25日(金)、加太さかな線で観光列車「めでたいでんしゃ」の運行を開始すると発表しました。

 和歌山市内の紀ノ川駅と加太駅を結ぶ全長9.6kmの南海加太線は、沿線が海の風景やその産物などに恵まれていることから、南海電鉄は地元観光協会と共に2014年11月より「加太さかな線プロジェクト」を開始。その路線に「加太さかな線」という愛称を与え、観光駅名看板の設置や、地元と連携した新名物の開発などを行ってきました。

 今回登場する「めでたいでんしゃ」は、その一環として登場するもの。7100系電車の2両編成で、「加太の鯛」と「淡嶋神社の縁結び」をイメージした乗るだけで“おめでたい”気分になる、ずっと乗っていたい――“愛(め)でたい”電車といいます。

160225 nankai 01
加太さかな線に登場する観光電車「めでたいでんしゃ」のイメージ(画像出典:南海電鉄)。

「車両の内外に、加太を代表する海の幸『鯛』のモチーフをちりばめたかわいい電車です」(南海電鉄)

 外装デザインには、「加太の鯛」をイメージした“うろこ柄”をシンプルに表現したそうです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント