四国の高速乗り放題パス登場 フェリーや空港レンタカー用プランも

四国の高速道路が定額で乗り放題になる「四国まるごとドライブパス!2016」が、ETC車向けに発売されます。

「京阪エリア」発着の普通車平日3日間プランが7000円

 NEXCO西日本は2016年6月1日(水)、四国の高速道路が定額で乗り放題になるETC車限定の割引プラン「四国まるごとドライブパス!2016」を発売しました。

 パスは4種類。「京阪」「瀬戸内」「広島・岩国」のエリアを発着地とする「四国乗り放題プラン」は、各発着エリアから四国までの1往復と、四国の高速道路乗り放題がセットになったものです(瀬戸中央自動車道など本州と四国を結ぶ道路の通行料金は別途必要)。

 マイカーを九州、本州〜四国間のフェリーで航送する場合や、四国内空港近くの指定店舗でレンタカーを借りる場合に利用できる「フェリー・空港レンタカー限定四国乗り放題プラン」は、航空券やレンタカー、フェリーの運賃や料金は含まれていませんが、四国の高速道路が乗り放題になります。

 乗り放題の対象区間は、高松自動車道の鳴門IC以西と、坂出IC以南の四国内全線。対象車種はETCを搭載した普通車と軽自動車など(二輪車含む)です。

160609 shikokupass 01
「京阪」「瀬戸内」「広島・岩国」の発着エリアと「四国乗り放題エリア」(画像出典:NEXCO西日本)。

 利用期間は7月16日(土)から11月30日(水)まで(8月10日から8月16日は除く)。有効期間は土日や祝日などの最大連続2日間か、平日を含む最大連続3日間から選べます。「フェリー・空港レンタカー限定四国乗り放題プラン」に限り、さらに平日を含む最大連続4日間も選べます。

 値段は「京阪発着 四国乗り放題プラン」を普通車が利用する場合、平日を含む最大連続3日間で7000円、土日や祝日などの最大連続2日間で5300円です。

 NEXCO西日本では、中国自動車道の中国吹田IC(大阪府吹田市)を発着地として、平日3日間に普通車で「京阪発着 四国乗り放題プラン」を利用して善通寺(香川県善通寺市)や道後温泉(愛媛県松山市)、桂浜(高知市)などを周遊する場合、通常のETC料金と比較して7800円お得になるとしています。

 パスの申し込みはNEXCO西日本のウェブサイト「みち旅」で受付中です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント