実はまちがい? プロに聞いた洗車の常識・非常識

多くの人にとって、洗車の方法はあいまいな部分が多いのではないでしょうか。洗車のプロに、すぐに役立つコツや気をつけるべきポイントなどを聞きました。

お天気の日は洗車したくなるけれど…

 早いもので、もう師走。帰省や行など、クルマに乗る機会が多くある年末年始は、きれいなクルマで過ごしたいもの。そこで、かける時間はいつもと同じでも仕上がりがぐんと良くなる洗車のコツを、洗車のプロに聞きました。

陽射しが強い日の洗車は日陰で行うのがおすすめ(写真出典:千葉ガレージ)。

 そろそろ愛車の汚れが気になってきた頃に迎えた休日。空が気持ちよく晴れていると、「よし、洗車でもするか!」となりがちです。

 でも実際は、晴れの日は洗車に向きません。なぜなら、クルマにかけられた水が直射日光を浴びるとみるみる乾いてしまって、ボディに汚れた水跡が残ってしまうからです。

 洗車のプロである千葉邦彦さん(千葉ガレージ)は、「ボディの表面温度が上がる夏の昼間などは避けたほうが良いでしょう」といいます。洗車をする時間帯は、陽の光が穏やかな朝や夕方がベストなのだそうです。

 そうはいっても、冬の朝に水仕事となると、敬遠したくなるかもしれません。しかも、あまりに寒いと水が凍ってしまい、これもクルマには悪影響です。千葉さんは「そういった場合、昼間に洗車するとしても、せめて日陰で行うことをおすすめします」と言います。

 ところで洗車をする際に、強い陽射しよりも怖いものがあります。それは「風」。千葉さんは「風のなかでの洗車は、飛んでくるホコリでボディにヤスリをかけるようなものです。風の日の洗車は、絶対やめたほうがいいです」と強調します。

 せっかくきれいにするつもりなのに、汚れだけならともかく、キズまでつけてしまったら残念すぎます。洗車の前には、ぜひお天気チェックをしてみてください。

この記事の写真一覧

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. 俺の場合、洗車は雨上がり・無風の時としている。 タイミング次第やけど。

  2. ちょっと車好きな人なら知ってることばかりで、改めて記事にするようなことではないですね。

  3. 洗車機で十分。
    と、いうかそれが一番だよ。
    査定も良くなるしね。

  4. どれもよく言われる事だけど、そこまで神経質ならんでも問題ない。
    ※炎天下でのWAXがけはダメ。

  5. 内容がペラ過ぎ

  6. 4ページも使って、こんな薄っぺらい内容とはね。
    ライターってお気楽な商売だね~?
    こんなものより、みんな洗車するときに使っている
    高圧洗車ガンの使い方くらい書いてくれよ?

  7. 風の時飛んできたほこりでキズが付きやすいとあるが、走行した場合も風が吹いたように成ると思うが??。

  8. 車を所有しているので、読んでみたら。。。一つも勉強になったことがない。全部知ってる知識でした。でも若い人、女性、免許取立ての人など、知らない人もいるんだろうね。

  9. 洗車機しか使ったことなく、拭き上げも普通のタオルですけど、いつも車を売るときはとても綺麗だと言うことで相当なプラス査定がつきます。
    手洗いなんて、労多くして実り無し。

  10. この記事の内容は、たいした事ないけど!
    千葉ガレージの仕事は、ハンパ無い!
    予算によるけど!
    新車の時よりも綺麗にしてくれます!?
    洗車機の車は、くすんで見える。

  11. 内容的には25年前から言われ続けてますね。
    ただ、当時は洗剤に使用が裏技的な存在でメジャーに知られてなく、
    また当時はマイクロファイバーが簡単に手に入らなかったので、
    改めて洗車の方法を確認することが出来ました!
    今後も後世に語り継がれて欲しいですね。

  12. 続きを読む をクリックすると、ウイルス感染サイトにされた

  13. とりあえずウンコします