JR東の豪華クルーズトレイン「四季島」、申し込みは最高76倍に

2017年5月1日に運行を開始するJR東日本の豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」。この列車を使用した旅行の申し込み状況が、このたび発表されました。最高倍率は76倍を記録したといいます。

申込者の約3割「出発日いつでもいい」

 JR東日本は2016年7月5日(火)、豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」の旅行申し込み状況について発表しました。

「TRAIN SUITE 四季島」は2017年5月1日(月)から運行を開始する予定です。今回、JR東日本グループのびゅうトラベルサービスが、2017年5~6月分の旅行を発売。6月30日(木)にその申し込みが締め切られました。すべての出発日とコースにおいて申し込み数が募集件数を上回ったため、抽選になるといいます。

160705 jreshikishima 01
2017年5月1日から運行が始まる豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」(画像出典:JR東日本)。

 最高倍率は2017年5月1日(月)に出発する「3泊4日コース」の「四季島スイート」の部屋で、76倍でした。全体では187件の募集に対し1234件の申し込みがありました。平均倍率は6.6倍です。

 JR東日本によると、申し込み者のおよそ3割が出発日を問わず、「いつでもいいので旅行に参加したい」と希望したとのこと。また、「3泊4日コース」と「1泊2日コース」への申し込み者はそれぞれおおよそ半分ずつであり、いずれのコースも「人気が高いことが伺える」としています。なお今回の抽選結果は、7月下旬に発表される予定です。

160705 jreshikishima 02
畳や掘りごたつなどを備えた「四季島スイート(メゾネットタイプ)」の原寸大車内模型(2016年6月、恵 知仁撮影)。

「TRAIN SUITE 四季島」の「3泊4日コース」は、日光(栃木県)や函館(北海道)、鶴岡(山形)などを観光。旅行代金は2人1室利用で1人あたり「スイート」だと75~77万円、「デラックススイート」(フラットタイプ)は90万円、「四季島スイート」(メゾネットタイプ)は95万円です。

「1泊2日コース」は塩山(山梨県)や会津若松(福島県)などを観光。旅行代金は2人1室利用で1人あたり「スイート」は32万円、「デラックススイート」(フラットタイプ)は40万円、「四季島スイート」(メゾネットタイプ)は45万円です。

【了】

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント