新幹線を支える「魔法のホウキ」初公開 ドクターイエロー展示も JR東海

ある特殊能力を持つ「魔法のホウキ」 今年で最後の実演も

 最大でおおよそ100ほどにもなる、東海道新幹線の1両あたりの座席数。1日に何本もの列車で車内清掃を担当し、それらの座席を手で触ってチェックすると、指紋が薄くなることがあったそうです。また、かがんでの作業になるため、腰への負担も大きかったといいます。

 この課題を解決したのが「魔法のホウキ」です。一見するとただのホウキですが、湿り気をチェックする機能が備わっており、それで座席を掃き掃除をすると同時にぬれているかのチェックが可能。係員の体にかかる負担大きく軽減しました。

 そんな、目立たなくとも東海道新幹線の運行には欠かせない「魔法のホウキ」、それを使った車内清掃体験のイベントが今年初めて、浜松工場の一般公開「新幹線なるほど発見デー」で行われるのです。

 対象は小学生以下で、体験するには当日の午前10時と12時から配布される整理券が必要。枚数には限りがあります。

Large 160718 hamako 02
「車体上げ・載せ作業」実演で宙を舞う「ドクターイエロー」。2016年はN700Aタイプの車両が使用される予定(2015年7月、恵 知仁撮影)。

「新幹線なるほど発見デー」は2016年7月23日(土)と24日(日)、午前10時から15時までの開催で、浜松駅から無料のシャトルバスが運行されます。また、クレーンでつり上げた新幹線の大きな車体が空中を移動する迫力の「車体上げ・載せ作業」実演は、工場のシステム変更により今年で見納めなのにも注目です。

 このほか、走りながら線路設備を点検し“新幹線のお医者さん”とも呼ばれる923形「ドクターイエロー」をはじめとする車両の展示、運転士への質問コーナーなども実施。JR東海は「お友達やご家族揃ってのご来場をお待ちしています」としています。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 魔法のほうき記事をようやく拝見しました。
    清掃作業には、固有のものに影響を与えるほど係りの人の負担が大きいことをやっと気づきました。