50年前は4000kmあった北海道の鉄道、いまは2500kmに 「維持困難」でさらに半減か

2016年、「単独では維持困難な線区」を公表する方針のJR北海道。もしそれら線区が廃止されると、JR北海道の路線は営業キロが現在の半分近くになる計算です。いま、厳しい状況に置かれている北海道の鉄道網ですが、およそ半世紀前は現在と大きく異なっていました。

50年前は約4000kmあった北海道の鉄道

 JR北海道が2016年7月、「単独では維持が困難な線区」をのちに公表し、沿線の自治体などと今後のあり方を協議する方針であることを発表しました。

 現在、JR北海道の路線延長は2500kmほどありますが、今年12月には留萌本線の留萌~増毛間16.7kmが廃止される予定。また石勝線の新夕張~夕張間16.1kmも、地元の夕張市が廃止に合意しています。

1964年当時の北海道における国鉄路線網(乗りものニュース編集部作成)。

 このように徐々に縮みつつある北海道の鉄道網ですが、いまからおよそ50年前、東海道新幹線が東京~新大阪間で開通した1964(昭和39)年には、約4000kmの線路が北海道に張り巡らされていました。

この記事の写真一覧

  • 161027_hokkaidorail_05
  • 161027_hokkaidorail_04
  • 161027_hokkaidorail_03
  • 161027_hokkaidorail_02
  • 161027_hokkaidorail_01
1 2 3 4 5

関連記事

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. それだけあった線路を走っていた大半は、たぶん貨物列車だよね。

  2. あれだけ細かい路線図出すなら、1964年当時として白糠線も入れてほしかったです。
    当時、NHKでも開業・廃止で論議された路線であり、そこが抜け落ちているのは腑に落ちません。
    何らかの追記をして頂けると助かります

    • 何月ベースで路線図を作ったか知りませんが、1964年の10月開業だから抜け落ちたんじゃないかな?

  3. 人口が500万人の北海道に4千キロの鉄道か。
    多くは貨物輸送の為だったんだろうけど、いくらなんでも線路を敷設し過ぎだね。

    最後の路線図が・・・・だけど、
    札幌から稚内・網走・根室までの基幹路線ぐらいは残して貰いたいような。(鉄ヲタ目線)

    • 石炭の為の路線も多かったはず。九州北部も炭鉱路線は消えてった。

    • 北海道の場合は人口分布や距離の他にも、自然環境が厳しい。たぶん車両も軌道も建物も極寒地対応で、他地域よりも手間もコストも余計にかかるのではないかな。

      だからと言ってそれらをケチって色々トラブらせたのは、余計に維持困難な路線を増やしてしまったようにも思う。

  4. JR北海道の言うように単独維持出来る区間は少なく、上下分離方式による補助を行うのが良いように思います。

    そのかわりに線路は公有となる訳ですから、
    地域独占を認めず、新規参入を促してはいかがでしょうか?
    例えば、JR東日本や西日本のクルーズ列車を走らせる様にしても良いのでは無いかと思います。

  5. 鉱業・林業の衰退、モータリゼーション、人口減少・・・
    残念だけどどれも時代の流れだよねえ だれが悪いというわけでもなく
    今の北海道には何千キロもの路線網は見合わなくなってしまった

  6. 国鉄民営化し民間企業になったのだから保守除雪もすべて自前でやってね。と国や道がたいしたバックアップもせず、でも廃線はしないでね。と収益性の悪い路線も持たせたまま、高速道路を整備し競争相手を有利にしています。
    景気悪化し基金の利子補填が悪化しても国や道、JR他社は手を貸したがらない。
    手元資金も乏しいから経営資本をローカルより都市間に集中した挙げ句、特急車両の不具合多発で速度低下に、またローカルキハ40の廃車による減便もしました。
    クルーズトレインと言うお話もありますが、使える車両不足で道東観光の目玉になっていた流氷ノロッコも運転休止になる状態です。
    こんな状態でJR北海道だけが悪者になっているのがイマイチ釈然としません。
    せめてローカル用の気動車を国や道が購入しJR北海道にリースしていたら、もう少し地域の鉄道が守れたのではないかと思いました。