本当に「鉄道」が必要なのか JR北海道、存在感増す「バス転換」案

JR北海道が第9回「JR北海道再生推進会議」を開催。利用者が少ない閑散線区について議論が交わされました。厳しい状況に立たされている北の鉄路、今後はどうなっていくのでしょうか。

「鉄道は文化財ではなく地域の足」、ならば…

 JR北海道は2016年5月31日(火)、札幌市内で5月11日(水)に開催した第9回「JR北海道再生推進会議」の議事概要を発表しました。

 この会議は、JR北海道が外部の視点からコンプライアンス(法令遵守)や企業経営のあり方などについて幅広く助言をもらうべきと考え、2014年6月に設置したものです。第9回会議には、北海道の高橋はるみ知事や同商工会議所連合会の高向 巌会頭をはじめとする7人の委員が出席。JR北海道からは須田政男会長や島田 修社長ら幹部16人が出席しました。

160603 hokkaido 01
2015年度の、JR北海道における線区ごとの輸送密度。点線、赤線、橙線の順に利用者が少ない(画像出典:JR北海道)。

 会議では、冒頭にJR北海道の島田社長が挨拶したのち、前半の議題である「安全に関する取り組み」について議論が交わされました。

 そして後半は「地方閑散線区に関する取り組みの方向性」について議論。次のような意見があがっています。

「いまだ100年以上前の建物の更新ができておらず、駅や高架橋の耐震化も進んでいない。この現実を鑑みると、安全を維持するためには、事業範囲の選択と集中の問題に踏み込まざるを得ない」

「鉄道に並行して高速道路や高規格道路があるのに、ご利用が著しく少なくなった鉄道を高いコストをかけてなぜ維持しなければならないのか」

「鉄道は文化財ではなく地域の足だ。その足は鉄道でなくてはならないのか、道路を使うことはできないのかという議論に入っていくことはJR北海道の責任だ」

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

18件のコメント

  1. 鉄道を廃止するかどうかを議論する前に、JR北海道を
    破棄して、本州のJR三社のどこかが主導で新会社を作って、
    その上で残す路線と捨てる路線を考えないとダメなんじゃない?

  2. 誰も使わない鉄道に多額の金をかけるより、バスの方が莫大な維持費も掛からないし、小回りが効くし良い
    鉄オタは悲しむがな
    人口が減り続けるだけの日本には、鉄道以外にも選択と集中させるべきものは多いと思う

  3. JR北海道に至っては民業圧迫という文字がないのでとっとと不動産事業に力を入れればよかったのに。

  4. この記事では旅客の輸送密度が示されていますが、合わせて貨物輸送も議論の遡上に載せるべきではないでしょうか。さらに、輸送路の冗長性の確保という点は採算を度外視しても残すべき理由になるかと思います。例えば鉄道は、東日本大震災の際には、被災地に迅速に大量の石油を運ぶのに役立ちました。
    このように、バスで旅客輸送が代替可能だからという理由だけでは鉄道を廃止する理由にはならないと思います。

  5. 高速バスでも空席が散見される路線に特急を走らせていれば大赤字になるのは当然だから地域間輸送は高速バス、地域内輸送はコミュニティバスかオンデマンドタクシーと再構築した方がいい。

    旅客では稼げない、貨物は必要だというのであれば貨物専用線にすればいいだけの話。
    JR貨物が保有している路線も存在する。

    武蔵野線やおおさか東線の場合は、貨物専用線から旅客輸送もするようになったケースだが、逆もしかりだろう。

  6.  もう二十年ほど前,周遊券を使い,北海道の鉄道に乗ってみました。
    乗車する前はわくわく感一杯,いざ走行し始めると,単調な畑風景。飽きて知らぬ間にウトウト。
     その前年に,東北地方を同じく周遊券で鉄道で回ったが,同じような田園風景だったが,車窓の変化が面白く,山あり谷あり,人家を通過したと思ったら,トンネル,トンネル,トンネルを抜けると田園風景の遠くに人家の灯り,断然こっちの方が退屈しない。
     北海道は,それからは行っていない。四国からは航空機利用でも遠すぎる。東京までの一時間ちょっとほどの搭乗時間でも飽きてくるのにその倍の時間。新幹線ができても行く気がしません。

    • 話題と全く関係ないのでは?
      個人的な好き嫌いを述べられても仕方ないでしょう。

  7. JRとしては使命感と存在意義から赤字覚悟で存続を図ってきたのでしょうが、もう肩の力を抜いていい時期が来たのでしょう。
    赤字のところはどんどん切っていいのでは。道路で十分ってみんな言ってるし、反対意見も無視して切れば良い。
    需要があればバス会社が何とかしてくれるでしょう。JRが負う必要は無いよ。放っておけばいい。

  8. まぁバス転換したらまた廃止される訳だが。
    天北線の一部区間が廃止になるがあのレベルで廃止だとオホーツク沿岸は紋別~興部・滝上を除いてバスすら残らないような気がする。
    線路かっぱいてバス転換するとしてもその先の保証はないよ。

  9. JR東日本と合併すればいい

  10. 民間業者として不採算路線は廃線にしたいのは理解できるが、関係者が交通網全体をどう捉えるのだろう。
    道路は道路で建設費も維持費も結構かかるし、冬場の自然環境を考えると、定時運行の鉄道は十分魅力がある。
    本当に必要なら税金での設備の維持でもいいのではないだろうか。ここは議論の余地がある。

    また、北海道新幹線が道内を通るようになると、第3セクター化も考えないといけないのだろう。

  11. 需要自体が少ない上に目的地が駅前に集まっていない田舎ではどうしても鉄道には分が悪そうですね。
    駅前からバスタクシーレンタカーってのも需要が少ない故厳しそうだし、自家用車で直接行く方を選ばれてしましそう。
    鉄道の末端になる地方都市に、バスの他レンタカーやタクシーなどを接続する方向で考えるべき?
    切符購入時予約制・先払いにすれば効率的運用で安くできるかも。

  12. 北海道庁の消極性が気になってます。日高本線の復旧工事でも、道庁は全面復旧を求めながらも支援制度があるからそれを使えと言うだけで、それでも残るJR負担分の追加支援はする気がないみたいですし、どこか他人事みたいに感じられます。地方自治の観点から鉄道をどうするか、当事者意識を持ってほしいです。

  13. JR東の方から願い下げでしょう。

  14. ここまでの「泣き言」を言うJR北海道の獲得目標は、青森県・青い森鉄道のような「上下分離」では?
    東北本線の青森県内区間は青森県が線路を保有し、青い森鉄道にタダ同然で貸し出しています。JR貨物からは貨物列車の通行料を徴収してるものの、赤字を税金で補填中。
    道庁が覚悟を決めるまでの間は、JR北海道とのチキンレースが続きそうですね…(- -;)

  15. 北海道の鉄道って、もう新幹線と通勤路線と新千歳空港へのアクセス路線だけでしか維持できないでしょう。
    他の路線の利用者数から考えれば、固定費の多い鉄道では無く高速バスやコミュニティバスが適当では無いですか。
    赤字決算では、今後もJR北海道の運行安全を維持する余力は無いいや、もう衰弱しきっちゃうんじゃないかな。

  16. 鉄道が無くなれば、町が消滅します。
    北海道でも、広島の可部線でも・・・。
    安易にバス転換しても、やがてバスも減便~廃止され・・・。
    こうやって、過疎化に一層の拍車が掛かるのです。