北海道を駆けた「ドリームカー」夜行列車の薫り漂うその車内へ!東武「SL大樹」で復活

JR北海道の夜行急行列車「まりも」「はまなす」で使われてきた14系客車「ドリームカー」が、東武鉄道鬼怒川線の「SL大樹」で復活。車内に入ると、昭和から平成へ駆け抜けた車両らしい、懐かしい薫りが漂ってきました。

昭和から平成、そして令和へ!

 かつてJR北海道が夜行急行列車に連結していた車両「ドリームカー」が、栃木県日光市内を走る東武鉄道の「SL大樹」で復活します。

「ドリームカー」は1988(昭和63)年、国鉄時代に製造された14系客車を改造して5両が誕生。夜行列車用として、普通車ながらグリーン車用の座席を備え、ラウンジもあるなど、快適性が高められているのが特徴です。

Large 190405 dream 01

拡大画像

東武鉄道の「SL大樹」で復活する元JR北海道の14系「ドリームカー」(2019年4月5日、恵 知仁撮影)。

 この「ドリームカー」は、札幌~釧路間の夜行急行「まりも」で使用されたのち、1993(平成5)年、札幌~青森間の夜行急行「はまなす」に転用されますが、2016年3月に列車が廃止。「ドリームカー」も使われなくなっていました。

 北海道を、昭和から平成へ駆け抜けたそのうちの1両(オハ14-505)が、令和を迎えようとするいま、東武鉄道「SL大樹」の客車として再び走り出します。

 東武鉄道によると、JR北海道時代の姿をできるだけ残したとのこと。かつて北海道で「はまなす」に乗ったことがある私(恵 知仁:鉄道ライター)は、視覚的にはもちろんのこと、国鉄時代から長いあいだ走ってきた車両らしい雰囲気に、懐かしさでいっぱいになりました。車内には「JR北海道」の文字も残っています。

Large 190405 dream 02 Large 190405 dream 03 Large 190405 dream 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

「ドリームカー」車内。
「JR北海道」の文字が残る。
大きくリクライニングする座席。

 この「ドリームカー」の東武鉄道におけるデビューは、2019年4月13日(土)。年間およそ40日、「SL大樹」もしくはディーゼル機関車けん引の「DL大樹」に連結される予定です(2019年は24日間)。

「SL大樹」は、下今市~鬼怒川温泉間の12.4kmを土休日を中心に走行。運賃のほか、大人750円(子ども380円)の「SL座席指定料金」で乗車できます(「DL大樹」は大人510円、子ども260円)。

【了】

【写真】夜行列車の雰囲気が漂う「ドリームカー」車内

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to GK Cancel reply

2件のコメント

  1. そういえば、乗降口が引き戸の14系(北海道タイプ)と折り戸の14系(本州タイプ)が混結編成になるのって国鉄時代には珍しかったのではないでしょうか。

  2. B寝台車までとは言わんけど、どうせなら「のびのびカーペットカー」も買い取って連結してくれりゃ良かったのにね。