ANA「フライングホヌ」就航に合わせ、船「セイリングホヌ」登場 ハワイで乗ってみた

ANAがエアバスA380型機「フライングホヌ」をハワイ線へ就航させるのに合わせて、船の「セイリングホヌ」も登場。ANAのツアー参加者は無料で使え(条件あり)、アルコールも無料というその船へ、実際に乗ってみました。

ウミガメ、そして潜水艦も出現!

 ANAが2019年5月24日(金)より、東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線に就航させるエアバスA380型機「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」。これに合わせて5月25日(土)よりホノルル発着で、チャータークルーズ「SAILING HONU(セイリングホヌ)」の運航も始まります。

「ANAハローツアー」参加者であれば無料で乗船できる(条件あり)この「セイリングホヌ」に2019年5月上旬、ひとあし早く乗船しました。

Large 190522 honu 01

拡大画像

ワイキキビーチと「セイリングホヌ」。奥にダイヤモンドヘッドがそびえる(2019年5月、恵 知仁撮影)。

 出発地点は、ハワイを象徴するひとつ「ダイヤモンドヘッド」が見えるワイキキビーチ。押し寄せる波にしばしば足がつかりながら砂浜を歩き、「セイリングホヌ」に乗り込みます。

 まずエンジンで航行したのち、エメラルドグリーンの海の向こうに見えるホノルルの街並みが少し遠くなったところで、「セイリングホヌ」は風の力による帆走に入りました。

 この日の波は穏やかで、揺れは少なく、水しぶきがかかることもなく。青い景色のなか、心地よい海風が吹いてきます。

 この「セイリングホヌ」、アルコールもソフトドリンクも無料。ハワイのビールのほか、ラムをベースにしたカクテルも味わうことができました。

Large 190522 honu 02 Large 190522 honu 03 Large 190522 honu 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

「ホヌ」が出現(写真右側中央下付近の海中)。
陽気なクルーがカクテルをシェイク。
「セイリングホヌ」船内。

 船と酔いの揺れに身を任せていると、海中からホヌ(ウミガメ)が現れました。そして少し遠くでは、潜水艦も現れました。観光用の潜水艦です。約1時間の「セイリングホヌ」クルーズには、非日常が詰まっていました。

 この「セイリングホヌ」は、5月25日から10月26日までの月、木、土曜日に、1日1回の運航。定員は48名です。

【了】

【写真】海中から潜水艦あらわる!

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190522 honu 05
  • Thumbnail  r4a4647
  • Thumbnail  r4a4653
  • Thumbnail  r4a4660
  • Thumbnail  r4a4663
  • Thumbnail  r4a4672
  • Thumbnail  r4a4680
  • Thumbnail  r4a4686
  • Thumbnail  r4a4691
  • Thumbnail  r4a4698
  • Thumbnail  r4a4700
  • Thumbnail  r4a4701
  • Thumbnail  r4a4703
  • Thumbnail  r4a4717
  • Thumbnail  r4a4720
  • Thumbnail  r4a4724
  • Thumbnail  r4a4733
  • Thumbnail  r4a4739
  • Thumbnail  r4a4752
  • Thumbnail  r4a4756
  • Thumbnail  r4a4778
  • Thumbnail  r4a4798
  • Thumbnail  r4a4838
  • Thumbnail  r4a4841
  • Thumbnail  r4a4854
  • Thumbnail  r4a4862
  • Thumbnail 190522 honu 01
  • Thumbnail 190522 honu 02
  • Thumbnail 190522 honu 03
  • Thumbnail 190522 honu 04

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント