〈PR〉歴代新幹線が「共演」 大好評のイベントが東京駅にて再び開催

「nanoblock(ナノブロック)」という極小ブロックで新幹線車両や沿線を再現し、話題を集めたアメリカン・エキスプレス主催のイベントが2016年8月22日から、東京駅で開催されます。東海道新幹線の歴代車両が登場し、鉄道ファンはもちろんファミリーでも楽しめる内容です。

鉄道ファン必見のイベントが再び東京駅に

 ナノブロックで東海道新幹線の車両や沿線の名所を再現し、好評だったイベント「American Express(R) Card Presents 東海道新幹線nanoblockミュージアム」が今年も開催されます。

1608 amex 01 1
今回のイベントのために新たに制作された新幹線4車両。

 2015年10月に開催されたイベントでは、最小サイズ4mm×4mmのナノブロックで精密に再現した新幹線「N700系」や東海道新幹線沿線の観光スポット「東京タワー」、京都の「醍醐寺五重塔」などの大型モニュメントが展示され、話題となりました。

160805 amex 01
前回の展示でも大好評だった「東海道新幹線沿線」ジオラマが再び東京駅にお目見えする(2015年10月、恵 知仁撮影)。

 なかでも来場者の目を引いたのが、東京~新大阪間の東海道新幹線沿線をナノブロックで表現したジオラマ。横浜の街並みや富士山、大阪の通天閣など見るだけでも十分楽しい造形ですが、これにはもうひとつの“仕掛け”がありました。

1608 amex 02
2015年10月開催時の様子。熱心に写真を撮る見学者も多かった。

 このジオラマは「nanoGauge(ナノゲージ)」と呼ばれる鉄道模型システムを使った線路を同じくナノブロック製の「N700系」が走行。来場者も車両を操作することができるとあって、Nゲージファンから子どもまで楽しめる展示となりました。今回もこのジオラマが登場するため、初めての人は必見です。

55864

 ジオラマ内の看板が示すように、このイベントはアメリカン・エキスプレスが主催します。「新幹線とアメリカン・エキスプレスの関係」を不思議に思う人もいるかもしれませんが、アメリカン・エキスプレスは西部開拓時代のアメリカで、荷物を早く安全に目的地まで運ぶ、鉄道による急行便事業を営んでいました。

1608 amex 03
ジオラマ中央には「AMERICAN EXPRESS」の看板がある。

 金融サービスがメインとなった現在も「お客様の安心と安全」を守り続けてきたアメリカン・エキスプレスと歴代新幹線によって「最高の旅」を提供してきたJR東海。その両社の「安全やサービスに対する強い想い」が重なり、今回のイベントが実現しました。

 今回の見どころは東海道新幹線の歴史を彩った「0系」などの歴代車両が一堂に会する点。新幹線はすべてこのイベントのために制作されたオリジナル作品でナノブロックメーカーのカワダが協力。新幹線好きの鉄道ファンや、夏休みを過ごすファミリーにぴったりの内容となっています。

55636

 今回、新たに展示される新幹線車両を紹介します。

 1964(昭和39)年10月1日の東海道新幹線開業と同時にデビューした、初の新幹線車両「0系」。およそ6時間かかっていた東京~新大阪間を4時間で結ぶなど、それまでの常識を覆す流線形と車体カラーでデビューした、その“勇姿”を思い出す人も多いのではないでしょうか。

160805 amex 02
初の新幹線車両である「0系」は懐かしさあふれるデザイン。

 ほかにも、初の2階建て新幹線車両として1985(昭和60)年に登場した「100系」、1992(平成4)年に「のぞみ」としてデビューし、運転速度を220km/hから270km/hに引き上げた「300系」も展示されます。

 そして……。

160805 amex 05
実物にはなかなかお目にかかれない「ドクターイエロー」も登場。

「見ると幸せになる」と言われる新幹線のお医者さん「ドクターイエロー」も登場。運行が10日に1回程度で実物を見る機会が少ないだけに、ナノブロックによる再現は貴重なチャンスかもしれません。

見学自由でナノブロックが当たる抽選も

 このイベントは8月22日(月)~26日(金)の5日間、東京駅の東海道新幹線八重洲中央口付近で開催され、各日とも午前10時~20時。期間中は入場無料で見学自由のため、出張や帰省で東京駅を利用する際にも気軽に立ち寄ることができます。

 なお、来場者向けの抽選会も実施される予定。スペース内の展示物を撮影し、ハッシュタグを付けてツイッターに投稿した画面を会場スタッフに見せると、その場でナノゲージ新幹線や百貨店ギフトカードなどが当たる抽選会に参加できます(抽選会は8月22日~25日)。

 この夏、世界にたったひとつの“新幹線”を見に行ってみませんか。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事