東海環状道、三遠南信道、名二環…中部エリアの道路、開通予定は? 2017年度の事業概要(画像16枚)

東名高速と東海環状道、伊勢湾道が接続する豊田JCT付近。画像はイメージ(画像:pixta)。
東海環状道の概要。西側区間の開通が進むほか、沿道では企業の立地が進んでいる(画像:国土交通省中部地方整備局)。
名古屋環状2号線の概要。赤い破線で囲まれた部分が未開通区間(画像:国土交通省中部地方整備局)。
国道42号 熊野尾鷲道路と熊野道路は、三重県、和歌山県、大阪府にかけて紀伊半島の海沿いを走る自動車専用道路の一部を構成する(画像:国土交通省中部地方整備局)。
中部縦貫道 高山清見道路の概要(画像:国土交通省中部地方整備局)。
三遠南信道の概要。中央道と新東名を結ぶ(画像:国土交通省中部地方整備局)。
伊豆縦貫道の概要(画像:国土交通省中部地方整備局)。
日本海東北道 朝日まほろばIC付近の概況(画像:国土交通省北陸地方整備局)。
能越道 のと里山空港IC付近の概況(画像:国土交通省北陸地方整備局)。
国道42号 松阪多気バイパスの概要(画像:国土交通省中部地方整備局の画像を加工)。
国道1号 静清バイパスの概要(画像:国土交通省中部地方整備局)。
国道153号 伊南バイパスの概要(画像:国土交通省中部地方整備局)。
国道253号 八箇峠道路のうち野田IC付近の概況(画像:国土交通省北陸地方整備局)。
国道253号 上越三和道路のうち国道18号接続部付近の概況(画像:国土交通省北陸地方整備局)。
国道8号 柏崎バイパスの概況(画像:国土交通省北陸地方整備局)。
国道359号 砺波東バイパスの概況(画像:国土交通省北陸地方整備局)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170403 chubudoro 01 Thumbnail 170403 chubudoro 02 Thumbnail 170403 chubudoro 03 Thumbnail 170403 chubudoro 04 Thumbnail 170403 chubudoro 05 Thumbnail 170403 chubudoro 06 Thumbnail 170403 chubudoro 07 Thumbnail 170403 chubudoro 08 Thumbnail 170403 chubudoro 09 Thumbnail 170403 chubudoro 10 Thumbnail 170403 chubudoro 11 Thumbnail 170403 chubudoro 12 Thumbnail 170403 chubudoro 13 Thumbnail 170403 chubudoro 14 Thumbnail 170403 chubudoro 15 Thumbnail 170403 chubudoro 16

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 東海環状道の大垣〜四日市は東海環状道でも特に必要な区間だと言える。
    何故なら三重〜北陸に出る短絡路としての役割を持っているからだ。
    しかもここは4車線開業は必須の、区間と言え、新名神が出来たら尚更必要でしょう。
    あと、伊豆縦貫道の内、三島塚原IC〜新東名は東名渋滞を抜ける裏道になっているので早期4車線は必須かと。

  2. これらの中では新名神が一番重要ですね。
    いの一番に完成させるべき道路。