飛行機とクルマのタイヤ、なにが違う? 構造、素材、運用…実はほとんど別物

ボーイング737の前脚タイヤ。グッドイヤー製でサイズは27×7.75 R15(2017年、石津祐介撮影)。
ボーイング767の主脚タイヤ。ブリジストン製でサイズは46×18.0 20(2017年、石津祐介撮影)。
離陸する全日空の787-8 ドリームライナー。離陸時にもタイヤは大きな摩擦を受ける(2017年、石津祐介撮影)。
着陸する日本国政府専用機747-400。合計18本のタイヤで着陸の衝撃に耐える。(2017年、石津祐介撮影)。
スイスのマイリンゲン基地にて、滑走路に残ったタイヤ痕。離着陸の度にタイヤが磨耗するのは軍用機も民間機も同様(2017年、石津祐介撮影)。
767-300の前脚タイヤ。グルーヴと呼ばれる溝が入っている(2017年、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171124 tire 05 Thumbnail 171124 tire 06 Thumbnail 171124 tire 01 Thumbnail 171124 tire 02 Thumbnail 171124 tire 03 Thumbnail 171124 tire 04

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 沢山のタイヤで分散するといっても
    接地し始めるときは1本からでしょうしね