コロナで変わる定番 「旅行の形」はどうなるのか? JR東海「ずらし旅」の狙い

コロナ禍のいま、JR東海が新しい旅のスタイルとして「ずらし旅」を展開。コロナ禍でも安心できる内容といいますが、苦しい東海道新幹線はこれで変わるのでしょうか。JR東海が「ずらし旅」で見据えるのは「コロナ後」かもしれません。

JR東海が提案する新しい旅のスタイル

「12時におやつ、3時にごはん旅」(京都グルメタクシードライバー 岩間孝志さん)

「駅舎にピン!ときたら降りてみる途中下車の旅」(ライター かのえかなさん)

「大阪はぜったい自転車旅」(ライター ヨッピーさん)

 JR東海が2020年9月25日(金)、「ひさびさ旅は、新幹線!~旅は、ずらすと、面白い~」の新CM発表会を開催。そこで“旅の有識者”たちが披露した「ずらし旅」の案です。

「ずらし旅」とは、旅する時間や場所、行動を「定番」からずらしてみると、いままで知らなかったことに気づける、「発見」のある楽しい旅をつくれるという、JR東海が提案する「新しい旅のスタイル」です。

Large 200927 zurashi 01

拡大画像

東海道新幹線の最新型車両「N700S」(2020年、恵 知仁撮影)。

 直近では38%になっていますが、2020年度第1四半期の利用状況は前年比16%と、大きく落ち込んでいる東海道新幹線。JR東海は7月より観光キャンペーン「ひさびさ旅は、新幹線!~旅は、ずらすと、面白い~」を展開し、現在、そうした具体的な「ずらし旅」の内容について、提案や一般からの募集を行っています。

「『ずらし旅』は、旅先で人を避ける旅になります。昨今、新型コロナウイルスの感染が心配されていますが、そうしたなかでも安心して楽しんでいただける旅になると考えています」(JR東海 金子 慎社長)

【実物写真】車番入り!JR東海公式「ドクターイエロー自転車」「N700S」自転車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ずらし旅の最たるものは、帰省ラッシュの逆方向を行く旅。