叡山電鉄 1月末にダイヤ改正 日中の本線と鞍馬線がどちらも1時間4本に 京都

鞍馬線の一部の便が、比叡山方面に振り分けられます。

比叡山方面が増便、「二軒茶屋止まり」は激減

Large 210112 eiden 01
叡電700系電車(画像:叡山電鉄)。

 叡山電鉄は2021年1月12日(火)、ダイヤ改正を1月30日(土)に実施すると発表しました。

 今回の改正では、平日の日中ダイヤ(11時~16時台)を、「現在の本線3本(八瀬比叡山口行き)+鞍馬線6本(市原行き3本、二軒茶屋行き3本)」から、現在の土休日ダイヤと同じ「本線4本(八瀬比叡山口行き)+鞍馬線4本(市原行き)」に変更します。これにより、鞍馬方面と比叡山方面の列車がどちらも15分間隔の分かりやすいダイヤとなります。

 あわせて、平日の朝夕ラッシュ時間帯に、京阪電車との接続を考慮したダイヤに変更されます。

 鞍馬線は、昨年7月に発生した土砂崩れの影響で、1月12日現在も市原駅~鞍馬駅が運休となっており、復旧作業が続けられています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 永平寺口じゃないけど、市原を鞍馬口に改称して復旧を諦めたり、はしないだろう。

    • 秋に貴船神社行ったとき復旧工事していました。二ノ瀬駅の先が現場なので観光面でも復旧させないわけにはいかないと思われます。

    • 地下鉄烏丸線に同名の駅があるのご存知ですよね。
      こちらは鞍馬口通が由来ですが。
      コロナ禍で不要不急だから復旧が遅れているだけでは。