智頭急行の特急「スーパーはくと」に新型導入 2024年めど 年間63万人利用、京阪神~鳥取結ぶ

智頭急行の特急「スーパーはくと」に新型が導入される見込みです。現在使っている車両の導入から30年を迎える2024年をめどに、車両を更新していくといいます。

年間63万人が利用

 鳥取県の平井伸治知事は2018年2月28日(木)、県議会本会議において、智頭急行の中期経営計画に特急「スーパーはくと」の車両更新を位置付けたい意向を示しました。

Large 180301 hakuto 01
京阪神地区と鳥取方面を結ぶ特急「スーパーはくと」(画像:photolibrary)。

 智頭急行は兵庫県上郡町の上郡駅と、鳥取県智頭町の智頭駅を南北に結ぶ、全長56.1kmの智頭線を経営。鳥取県など沿線自治体の出資による第三セクター方式で設立された会社で、平井知事は同社の取締役会長を務めます。車両更新の意向は、前田八寿彦議員(自民党)の代表質問への答弁で表明しました。

 JR線に乗り入れて京都~鳥取・倉吉間を結ぶ特急「スーパーはくと」は現在、智頭急行が所有するHOT7000系ディーゼルカーで運転されています。この車両について、智頭急行は次のように話します。

「HOT7000系は1次車の導入が1994(平成6)年です。30年使用をめどとすると、2024年ごろから順次更新が必要と考えています。具体的な更新計画は決まっていませんが、現在のところ、新車を導入して置き換える予定です」(智頭急行)

 智頭急行によると、「スーパーはくと」は2017年には約63万人が利用。京阪神と鳥取を結ぶ主要な移動手段のひとつとなっているといいます。平井知事は県議会の答弁で、「智頭急行は好調に黒字を重ね、車両更新に使える基金が34億円ほどあり、現実的にも更新に向かいうる状況にあります。新しい時代を見据えた経営計画を策定するなかで、車両更新を実現していきます」と表明しました。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180301 hakuto 02
  • Thumbnail 180301 hakuto 01

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. JR東日本キハE200形のような機器・制御システムに空気ばね式傾斜機能をプラスした仕様に出来れば、コンプレッサーの頻繁駆動によるエンジンへの影響を抑える(無くす)事が可能になると思うけどどうなる事やら。

  2. 鳥取道が整備されたから以前ほど鉄道依存ではない。
    カニ客と公務員旅費算定用だけに存在するような地方鉄道に億単位の新車ねぇ・・・

    • ご存知ないようですが鉄道車両って高いんですよ。既存の特急用車両を全て置き換えるなら億単位になって当然です。

    • まだまだ新しい車両のイメージがあるだけに、早すぎる気もするけど、それだけ儲かる路線の証。
      新名神の開通で中国道の渋滞も減少することで高速バスの定時率アップ、所要時間の短縮も予想される高速バスとの競合がますます気になるところだけど、今後の展開を心から期待しています。

    • 大都会のやたら多い車両の置き換えに比べれば安い話なのでは。しかも第三セクターでは数少ない、利用客多くて儲かってる智頭急行の、看板長距離高速車両でしょ。北海道みたいになる前に、安全の為にも車両更新は必須。

  3. 1両でバス1~2台分以上の乗客が乗る車両が5両繋いで1日7往復。
    まぁ人の移動で言えばほぼ鉄道:自動車(バス含む)=5:5だよね。
    兵庫県や岡山県といった「大株主」(HOTというのは兵庫岡山鳥取の略です念のため)が
    なんというか分かりませんが、JR四国2600系後継が導入するというの制御振子車ベースの新車導入かな。

  4. こと智頭急行なら例外中の例外だから、ある程度の投資は問題ないだろう。
    京阪神~鳥取・倉吉間の主役はあくまでも「スーパーはくと」であり、高速バスがありますから廃止ね、なんて話になったら少なくとも鳥取県は青ざめるだろう。

  5. そうか、やくもの次期車両はこの中古車かもね。