京急1000形にトイレ付き、ロング⇔クロス座席転換の新車 今春導入 コンセントも

今回の1000形、一味違います!

京急初のLCカー&車内トイレ

Large 210120 keikyu 01

拡大画像

製作中の新造車両(画像:京急電鉄)。

 京急は2021年1月20日(水)、トイレや自動回転式シート(L/C腰掛)などの新たな設備を搭載した新造車両を2021年春に運行開始すると発表しました。

 新造されるのは1000形の新車両で、4両編成が2編成製造されます。座席指定列車やイベント列車に対応するため、クロスシートを転換しロングシートにできる回転式座席を採用するほか、座席幅は460mm/人と2100形と比べて10mm広くなります。また、コンセントも用意されます。

 さらに、2007年からステンレス車になって以降、1000形には無かった前面展望席が、今回ふたたび設置されます。

 2号車にはバリアフリー対応の洋式トイレが設置されるほか、3号車には男性用トイレも設置されます。

 あわせて、各車両に3台の防犯カメラが設置されるほか、車椅子スペースのほか、ベビーカーや大きな荷物を持った乗客が利用できるフリースペースも設置されます。

【了】

【画像】新車の車内の様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to QUWA Cancel reply

3件のコメント

  1. 元々クロスシート車を保有している会社が、L/Cカーを導入し、しかも京急初トイレ付きって、何か凄いな。これで車両基地にもトイレの処理場も作るわけだろうし。
    この勢いで羽田空港~成田空港間の有料特急を是非。

    普通列車で小便器を置くのは、マリンライナー(1号車)以来でしょうか。

  2. 最近流行りの
    「ロングシート」にもなるし
    「クロスシート」にもなる
    他の私鉄は「クロスシート」状態だと
    別料金だけど
    だけど4両編成×2
    繋いで8両クロスシートで「ウイニング号」
    ロングシート4両で普通になるのかな?

  3. なんか、顔のイメージがJR東海の315系に似てません?