なぜそこで線路が途切れる? もっと先に延ばせそうな鉄道、本来の計画は

鉄道路線のなかには、すぐ先に交通の要所や規模の大きい市街地などがあるにも関わらず、少し手前で線路が途切れているものもあります。延伸すれば便利になって利用者が増えそうなものですが、なぜ延伸しないのでしょうか。

延伸計画の中止で中途半端に

 市街地や交通の要所の手前で、線路が途切れている鉄道路線があります。

Large 181216 chutohanpa 01

拡大画像

京急久里浜線の三崎口駅は三崎の中心地から約4km離れている(2011年11月、草町義和撮影)。

 京急電鉄が運営する久里浜線の終点、三浦半島南部の三崎口駅(神奈川県三浦市)は、「なぜこんなところで線路が途切れているのか」と、よく話題になります。この駅は三浦漁港で知られる三浦市三崎地区から北へ約4km離れたところにあり、三崎の中心部に向かうにはバスに乗り換えなければなりません。

 京急は、わざと三崎の北外れに終着駅を建設したわけではありません。もともとの計画では、三崎地区の中心部に乗り入れるはずでした。しかし、地形が険しく工事に時間がかかることや、用地の買収が難航したことなどから、線路が建設できた範囲で最も三崎に近い場所に終着駅を建設したのです。いまでも延伸を希望する声はあるものの、京急は延伸計画を凍結しており、再始動のめどは立っていません。

 渥美半島(愛知県豊橋市、田原市)を横断する豊橋鉄道の渥美線も、地図を見る限りでは中途半端な印象を覚えるかもしれません。同線は新豊橋駅(東海道新幹線などが乗り入れる豊橋駅に隣接)から渥美半島に向けて進みますが、半島のほぼ中央に位置する三河田原駅が終着駅。ここから半島先端側の中心地である福江地区や、志摩半島へのフェリーが発着する伊良湖岬に向かうなら、バスを使う必要があります。

 渥美線も、かつてはもっと先に線路が延びるはずでした。豊橋鉄道の前身である渥美電鉄が延伸を計画したものの、資金不足の影響で1934(昭和9)年に中止。続いて戦時中には国鉄が軍事輸送を目的に着工しましたが、これも戦局の悪化に伴い中止されました。築堤や橋台などの遺構がいまも残っています。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181216 chutohanpa 03
  • Thumbnail 181216 chutohanpa 01
  • Thumbnail 181216 chutohanpa 02

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 都営浅草線が西馬込で終点になったのは、池上線との競合を嫌がった東急が運輸省に働きかけた…というウワサも聞いたぞ。

  2. 冒頭の「要所」は「要衝」が正しいと思われます。

  3. 京急は森林の伐採を懸念した住民のエゴでしょうね。
    三崎港まで行っていたらもっと活性化していたはずです。

  4. 一見そこで途切れているようには見えないないですけど上総中野駅もこの話題の仲間でしょうか。五井から安房小湊を目指した小湊鉄道、大原から木更津を目指した国鉄木原線(現いすみ鉄道)それぞれの建設途上の暫定終着駅がぴったり一致してしまったケースですから。