京急品川は地上駅に 東京都が泉岳寺~新馬場間の連続立体交差事業着手 踏切3か所除却

北品川駅は高架駅に変わります。

Large 200402 kqshinagawa 01
品川~北品川間を走る快特(画像:photolibrary)。

 東京都建設局は2020年4月1日(水)、京急本線 泉岳寺~新馬場間の連続立体交差事業について、国土交通省から都市計画事業の認可を取得し、事業に着手すると発表しました。

 港区高輪二丁目から品川区北品川二丁目にかけての長さ1744mの区間について、道路と鉄道を連続的に立体交差化します。

 ホーム2面と線路3線からなる高架駅の品川駅は、ホーム2面、線路4線の地上駅に。北品川駅は地上駅から高架駅にそれぞれ変わります。この連続立体交差事業により、3か所の踏切が除却される計画です。

 事業費は1247億円。事業期間は2020年度から2029年度までです。

【了】

【地図】京急本線連続立体交差事業の認可区間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント