西武球場に設置の電車 ライオンズ仕様に 「L-train 101」球場の新たなシンボル

鉄道模型も出ます!

新人選手が仕上げのラッピング

Large 210120 lions 01
完成した「L-train 101」(画像:西武ライオンズ)。

 埼玉西武ライオンズは2021年1月20日(水)、メットライフドームの1塁側「トレイン広場」に設置した電車について、ラッピングが完了し名称を「L-train 101」に決定したと発表しました。

 この電車は元西武鉄道の101系電車で、メットライフドーム改修計画の一環として、2020年末に西武鉄道の横瀬車両基地から球場へ運搬されたものです。1月からラッピング作業が行われ、この日、2021年の新入団選手たちによって最後の仕上げが実施されたとのこと。ドラフト1位で入団した渡部健人選手により車両の運転席に球団公式マスコット「レオ」が貼り付けられたほか、車体横にも「隠れレオ」と「隠れライナ」がいるといいます。

 今後は、内装や演出用の設備などの施工を行い、3月にメットライフドームエリアの新しいシンボルとしてオープンする予定。また、6月にはトミーテックから鉄道模型シリーズ「鉄道コレクション」にて、「L-train 101」が発売予定だそうです。

【了】

【写真】「絶対に失敗できない」ドラフト1位渡部選手が入魂のラッピング!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント