佐渡汽船 異形の高速カーフェリー「あかね」運航終了 売却先は未定

最後のリリーフ登板もつつがなく終了しました。

わずか6年で退役 短命で終わった豪州製フェリー

 佐渡汽船の高速カーフェリー「あかね」が2021年3月20日(土)、運航を終えました。

Large 210322 akane 01

拡大画像

双胴船型のなかでも高速を発揮できる「ウェーブピアサー」構造が特徴のフェリー「あかね」(柘植優介撮影)。

「あかね」は、オーストラリアの造船会社インキャットが建造した「ウェーブピアサー」と呼ばれる双胴高速船型が特徴のカーフェリーで、ディーゼルエンジン4基によるウォータージェット推進により、最大速力約37ノット(約68.5km/h)、航海速力約30ノット(約55.6km/h)を誇りました。

 この快足性を活かして、2015(平成27)年4月に上越市の直江津港と佐渡市の小木港を結ぶ「小木直江津航路」に就航すると、従来のカーフェリーで約160分かかっていたのを、60分短縮して約100分で結びます。

 しかし、乗り心地の悪さや維持整備性の高さ、そして新型コロナウイルス感染拡大による利用低迷などから、2020年11月に小木直江津航路から撤退、売却されることになりました。

 2021年1月からは従来、新潟市の新潟港と佐渡市の両津港を結ぶ「両津新潟航路」で用いられていたカーフェリー2隻がドック入りする間の代替として、臨時運航されていたものの、それも3月20日が最後となり、この日をもって運航終了となりました。

 2021年3月21日(日)時点で「あかね」は売却先がまだ決まっておらず、今後の行方は未定です。

【了】

【写真】佐渡汽船が保有する水中翼船「つばさ」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 水中翼船も寄ってくる大型海洋生物にぶつかることはありませんよね?

  2. ナッチャンの妹も幸薄い船だ。
    この子も自衛隊の船になっちゃえ。