北陸新幹線の敦賀開業「2023年度末」に 1年延期 2658億円増で計画変更認可

開業目途、とりあえずついたようです。

「1年延期」で落ち着く

Large 210331  hokuriku 01
北陸新幹線E7系(画像:写真AC)。

 国土交通省は2021年3月31日(水)、北陸新幹線 金沢~敦賀間の建設を担うJRTT鉄道・運輸機構から申請のあった工事実施計画の変更について、本日付けで認可したと発表しました。

 工事完了予定時期は、現在の「平成34年度末」(2022年度末)から、「令和5年度末」(2023年度末)に。また工事費は、約1兆4121億円から2658億円増額の約1兆6779億円になることが、それぞれ認可されました。

 変更事由は、「加賀トンネルにおける盤ぶくれ対策のための追加工事」および「敦賀駅部の工事の遅延」とされています。

 同区間をめぐっては、当初予定から3年前倒しの2022年度末に開業が予定されていましたが、2020年11月、工期が1年半程度遅延していることや、事業費がさらに約2880億円かかる見込みであることがJRTTから報告されました。これを受け国交省は専門家を交え、事実関係を検証するなどした結果、1年延期の2658億円増に落ち着いた形です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 実現した日には敦賀から京阪神地区に向けて新幹線リレー号をお願いします。

  2. もう認可じゃなくて許可だなw