2021年の優秀鉄道車両は「N700S」「サフィール踊り子」 鉄道友の会「ローレル賞」

今年は選考に悩んだかもしれません。

新幹線と観光特急車両

 鉄道友の会が2021年5月26日(水)、今年の「ローレル賞」にJR東海のN700S新幹線、JR東日本のE261系を選定したと発表しました。

「ローレル賞」は1961(昭和36)年に設けられ、毎年1回、前年に日本国内で正式に営業運転を開始した新造車両、もしくは改造車両から、鉄道友の会会員の投票結果を参考に選考委員会が審議して、「優秀」である車両を選定するものです。

Large 210526 lau 01
N700SとE261系。

 JR東海のN700Sは、2020年7月1日に営業運転を開始。13年ぶりのフルモデルチェンジ車両で、全席にコンセントを備えるほか、編成の長さを柔軟に変更できる「標準車両」である、異常時にバッテリーで自走できるといった特徴があります。「技術、サービスの向上で日々多くの乗客を快適、安定的に輸送する車両」として選定されました。

 JR東日本のE261系は東京と伊豆を結ぶ特急「サフィール踊り子」として、2020年3月14日に営業運転を開始。グリーン車よりさらに上級なプレミアムグリーン車、個室のグリーン車、カフェテリアなどを用意。「最新技術を取り入れ、付加価値の高い移動空間と輸送ネットワークを提供する極めて完成度が高い車両」として選定されました。

【了】

【強敵ぞろい!】今回の「ローレル賞」ノミネート車両一覧表

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント