東海道・山陽の新型新幹線「N700S」確実に乗る方法は? どの列車がN700Sか調べるには

東海道・山陽新幹線13年ぶりのフルモデルチェンジ車両「N700S」。この「N700S」へ確実に乗るには、どうしたらいいのでしょうか。どの列車に「N700S」が使われるのか、知る方法があります。

13年ぶりフルモデルチェンジ 東海道・山陽新幹線の新型車両「N700S」

 JR東海の新型新幹線車両「N700S」が、2020年7月1日(水)に営業運転を開始します。2007(平成19)年デビューのN700系以来、13年ぶりとなるフルモデルチェンジ車両です(2013年登場のN700AはN700系の改良型)。

 N700Sの「S」は「Supreme(最高の)」が由来。安全性、安定性、快適性、環境性能の全てを最高レベルで提供することが「S」には込められており、以下のような特徴があります。

Large 200615 n700s 01

拡大画像

新型新幹線「N700S」とそのマーク(2020年6月13日、恵 知仁撮影)。

・全席にモバイルコンセントを搭載。
・忘れ物防止のため、停車駅が近づくと明るくなる荷棚。
・大きくなった車内の案内モニター。
・座面が沈み込むシート。
・防犯カメラの増設などによるセキュリティの向上。
・停電時も安全な場所へ自走できるだけのバッテリーを搭載。
・揺れを低減させる「フルアクティブ制振制御装置」搭載(一部車両)。
・16両、8両など柔軟に編成を組める「標準車両」。

テーマ特集「新型新幹線「N700S」ついにデビュー! その乗り心地やいかに? 確実に乗る方法は?」へ

【写真】新型新幹線「N700S」に用意されている「個室」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. 内面的な性能は違うんだろうが、画的に見るとロゴ以外何にも代わり映えがしない。
    見る・撮る・描くにはあまりにもつまらない東海道新幹線。。。

  2. 落ち着いたら乗車しよう

  3. 昔、カシオペア用のEF81を用いた北斗星とか、その逆とか、カシオペアの電源車を組み込んだ銀河に当たったり、ろくに去るものを追わない時世に、これからゲップするほど乗れる物を先追いしたくなるのだろうか?

  4. 登場時に乗っておくのは意外と有効。細部が替わっていく事もある。後で葬式する必要も無い。

  5. 「安全性、安定性、快適性、環境性能の全てを最高レベル」(あくまでN700の中でね。)なんだろうけど、
    「デザイン、サービス、乗る楽しさ、乗車賃は圧倒的に世界最低」です。
    デザインにおいては0→N700に進みに従って、ダサくなっている。500系は除く。
    こんな進化?劣化?を辿っている高速列車も珍しい。
    300系は便所のスリッパ、N700は学校の上履き。(ちなみにL0は割り箸)
    世界的に見ても最もダサい高速列車。中国の方が余程カッコいい。
    サービスに至っては食堂車はおろか、グリーンに乗ってもダサいパッケージのオシボリ一つ。
    台湾新幹線の方が商務車(グリーンに相当)飲み物、お菓子などが無料でサービス良いです。
    乗る楽しさに至っては皆無。ただたくさん椅子が並んでいるだけ。経済性、採算性一辺倒。
    運賃は早割もなければ、ネット割もない。あったとしても数千円。
    海外は早割すればファーストクラスだろうが半額で乗車可能。
    N700Sは1編成16両も連結しているくせに、食堂車もビュッフェもない、可能限り椅子ばかり詰め込む、何の面白みもない、ただ単にJR東海の採算性のみしか考えていない、世界最低の高速列車の集大成です。
    日本しか知らない人からしたら世界に誇る新幹線なのかもしれませんが、
    サービスもデザインも素晴らしい高速列車が世界中にある現代で、
    こんなの世界に誇ったらただ恥かくだけです。

  6. 何時何処で乗れるか?なんて利用者が探す情報じゃないね。
    宣伝ばかりが先走りしてサービスの提供が追い付いてないよね。