日産ノートもっと上級に「ノート オーラ」登場 コックピット進化 3ナンバー化

カーナビもハンドル越しで見ます。

e-POWERも進化「ノート オーラ」

 日産は2021年6月15日(火)、「ノート」の上級版「ノート オーラ」を発表しました。

 2020年12月に発売された通常のノートと同じく、パワートレインはe-POWERのみの展開。出力やトルクを向上させ進化した、第2世代e-POWERだそうです。

 エクステリアはフロントグリルを一新し、フェンダー部にボリュームを持たせたことで全幅が1735mmまで広がり、3ナンバー区分になりました。

 日産のシニアデザイナー ジオバーニ・アローラさんは、オーラについて、「コンパクトにプレミアム感を持たせた」「コンパクトの未来形」などと説明しました。

Large 210615 aura 01

拡大画像

日産ノート オーラ(画像:日産)。

 インテリアは、シートは疲労が軽減するように設計した「ゼログラビティシート」を、全席に採用。ルーフやドア、フロントドアのガラスなどに遮音対策を施すことで、高い静粛性を確保しているといいます。

 また、BOSEと共同開発したオーディオも特徴で、運転席や助手席のヘッドレストにスピーカーを配した「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」を国内初採用。フロントセンターアームレストには、腕を置いたまま、指先だけで操作することができる電動シフトを配しており、運転に余裕をもたらすということです。

 オーラの発売は2021年秋の予定。税込価格は261万円からとなっています。

【了】

【高級ノート】「オーラ」の内外装をチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント