軽でよくない? コンパクトハッチはスタンダードでいられるか 新型ノートで揃い踏み

ヤリス、フィット、そしてノート――2020年は各自動車メーカーの顔となる基幹的なコンパクトハッチバックモデルが出揃いました。一方、背後では軽自動車の性能が向上。今後もコンパクトハッチは「基本」でいられるのでしょうか。

出揃ったスタンダードモデル 軽にない優位性とは?

 2020年は、トヨタから「ヤリス」、ホンダからは「フィット」、そして日産からは「ノート」という新型車が登場しました。これら3モデルは、日本だけでなく世界市場でも各自動車メーカーの顔ともなる、存在感の大きなコンパクトカーです。

 共通点は、どれもコンパクトカーのトラディショナルと呼べるハッチバックモデルであること。いわゆるスタンダードな存在です。ライバルが揃ったことで、2021年は、そうしたスタンダードなコンパクトハッチバックの戦いになるのでしょうか。それとも別な勢力がベストセラーカーになるのかを考察してみます。

Large 201201 hatch 01

拡大画像

新型ノート(画像:日産)。

 まず、新たなベストセラーカーのジャンルを狙う存在が軽自動車と言えます。中でも、「N-BOX」や「タント」「スペーシア」といった背の高い両側スライドドアのスーパーハイトワゴンに勢いがあります。

 その背景にあるのが、最近の軽自動車の“出来のよさ”です。衝突軽減自動ブレーキなどの先進運転支援システムが用意されているのは、すでに当たり前になりつつあります。無理をしてコンパクトカーを選ばなくても、税金の安い軽自動車で十分と考える人も増えているのでしょう。国内の新車販売の内訳を見ると、いつの間にか軽自動車の割合は4割に迫ろうかというほど伸びています。

 しかし、その一方で、「やっぱり登録車がいい」と考える人もなくなりません。なぜなら、軽自動車に対するコンパクトカーの高速走行性能や、車体寸法の大きさからくる安全性能の有利さは、どこまでいっても揺るがないからです。軽自動車の販売は伸びるかもしれませんが、コンパクトカーの販売がゼロになることはないということです。

【ギャラリー】日本未導入ばかり グローバルではコンパクト「セダン」人気

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント