5代目日産「シルビア」 女子ウケ抜群! なにが彼女たちのハートを鷲掴みにしたのか

1990年前後、デートカーの代名詞だった5代目「シルビア(S13)」。あのころ彼女たちはこのクルマをどのように見ていたのでしょうか。女子ウケが抜群に良かったその理由とは。

「デートカー」の代名詞

 1980年代後半から90年代に青春時代を送った若者にとって、クルマは恋愛の必須アイテムでした。「オレ、クルマ出すよ」とか、「送っていこうか?」などといった言葉が、現在では信じられないくらい威力を持っていたものです。週末のドライブデートを夢見て、コツコツとローンを払いながら手に入れる若者の憧れのクルマ、いわゆる「デートカー」の代表モデルのひとつが、日産「シルビア(S13)」でしょう。

170808 s13 01
日産「シルビア Q's」。スポーツ走行にも適したFRレイアウトで、さまざまな改造パーツが流通した(画像:日産自動車)。

 5代目「シルビア(S13)」は、プロジェクター・ライトを採用するすっきりしたフロントフェイスと流麗なラインを誇る、おしゃれな2ドア・クーペ(日産では「スペシャリティカー』と表現)へとフルモデルチェンジして、1988(昭和63)年に登場しました。

 リトラクタブル・ライトを備える4代目「シルビア(S12)」からガラリと変わったデザイン性の高さは、同年の「グッドデザイン大賞」や「1988~1989年日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞という実績でも証明されています。また、低めの車高と暑苦しくない外見で、女子たちにも高い評価を受けたものです。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

日産 シルビアの中古車情報

U00023041000 001l

排気量
1600cc~2600cc
価格帯
24.8万円~1079.0万円

中古車情報を見る

日産 シルビアヴァリエッタの中古車情報

Uz0022694781 001l

排気量
2000cc
価格帯
78.0万円~198.0万円

中古車情報を見る

日産 シルビアコンバーチブルの中古車情報

U00022314292 002l

排気量
1800cc
価格帯
79.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170808 s13 06
  • Thumbnail 170808 s13 01
  • Thumbnail 170808 s13 02
  • Thumbnail 170808 s13 03
  • Thumbnail 170808 s13 04
  • Thumbnail 170808 s13 05

関連記事

最新記事

コメント

23件のコメント

  1. ガゼールから統一されてスッキリした頃でしたか、双子車時代は2プラグZエンジンで自分としてはフェアレディーと重なった時期もありましたね、確か?後期からタイミングチェーン式のSRエンジンに変換されましたかね?NAエンジンがQsでしたか?インパネ周りも初代セルシオ同様にシンプルさが逆に好感でしたね、この車を見てると開発部門の当時の自由さや頭の柔らかさが想像できますね、

    • 初期型にはJsもありましたよ。
      マイナー後、廃止されましたが・・・。

  2. この後S14で巨大化してS15で元に戻るという変遷が謎だった。

    • まあ、スカイラインなんかは、肥大、縮小をどれほど繰り返したか。

  3. 学生時代車に縁のなかった自分にとってシルビア持ちが妬ましかったけど、今思うにヤリ彼のために何百万かけてたと思うと何か怖い時代と改めて思った。そして、その世代も今は50歳前後。
    時代感覚が狂ってるのも仕方ないかも。

  4. 元、k's乗りとして一言、インパネ周りの画像はk'sじゃない!
    アナログなのはタコメーターだけで速度計はデジタル&HUDが売りだったのに

    • オプションですよ

  5. えびおやじさん
    デジタル表示とヘッドアップディスプレイはメーカーオプションでしたよ。ガラスサンルーフとセットでGパッケージというお得なセットがありました。当時K'sでオートエアコンやGパッケージ付けて乗り出しが340万くらいでした。決して安くはなかったですねぇ。

  6. 当時、流行ってましたね!モデルチェンジしてシルビアは消えましたが。

  7. 元会社の先輩がK'sを乗っていたのですがLSDが誤動作してオーバーステアになり自爆したそうです。ディーラーに行っても再現しなかったため和解金をもらいその金で他社の車に買い替えたことを教えてくれました。元々パルサーを乗っていて買い替えたらしいのですがもう日産車は買わないと言ってました。

  8. 車の話としてじゃなく「おんな」の話としてすごく面白かった。
    服と合わせやすいとか、女同士の諍い(未満)とか。

  9. ボデイはサニーと同じですナ

  10. ボデイはサニーと同じですナ

  11. デザインは 良かったけど、走りはイマイチでしたよ

  12. 女性側から車を語ったこんな記事を読みたかった。
    今は昔だが、女子大の前にデートカー(ソアラ、プレリュード、シルビア、BMW等)が並んだ時代が懐かしい。
    またこんな記事を期待します。

  13. 初期型はk'sとQ's(J's)ではシート生地も違いました。Q'sはなめらかなモケット地でk'sはツイードっぽい生地でした。当時、セフィーロ(初代)にも同じ生地のシートがあり、おしゃれな感じだった覚えあります。

  14. 1988年、女子大生の姉が親父から買ってもらっていたのを覚えてる。本当は92トレノに赤があったので赤が欲しかったようだがシルビア1800初期型にはワインレッドしかなくQsのATパールツートンにした。
    姉は欲張りだから球面プロジェクターライトからサンルーフに前ガラスに速度が反射するデジタルメーターからいいステレオデッキまで!納車まで約1年待ちだった!

    もう積極的で男前のトヨタオート営業マン92トレノにほぼ決定だったが車大好きまだ中学生だった私が1年待ちでもシルビアを買え!とひっくり返し姉と母親を連れて地元の日産サニーに連れて行った。

    やっと納車され私は運転も出来ないのにうれしくてこの晩はシルビアの運転席に座り寝た。
    姉は一体どこを走り回っているのか数年ほどで10万km近くなっていた。
    自宅玄関に花束が置いてあったりと今思えばまさにバブル女性の姉だったな。

  15. s13型シルビアはとてもカッコいいですね!

  16. 免許取得して最初に乗ったのが中古のS13シルビアQ's(前期)のATだった。
    色は黒、鉄ホイール+樹脂カバーでリアスポ、プロジェクターヘッドライトが付いてたし、何よりも自分がFR車好きだったのが決め手でしたね。
    CA18DE+E-ATの組み合わせは意外なほどよく走ってくれた。今は新車購入から12年目のY50フーガに乗ってます。

  17. 懐かしいな。
    シルビア→180SXと、時期で言うと1991年→2003年で私の20代前半〜30代前半にこのS13系に乗っていました。
    購入目的はまさに女性をデートに誘う目的ひとつ。今では存在しないような肉食系なアイコンでした。
    (一方、男性目線ではヴィトンのバッグが女性のマストアイテムで時代のアイコンでした)

    記事にあるように。女性も彼氏がシルビアだと女友達に一定の優越感を持てたと思います。
    「一応、k‘sだし」は、確かに当時あったセリフです。女性だけでなく男性も、乗ってる車種を友人に聞かれた時、控え目にさらりと答えるのが礼儀でした。
    最後は走り屋になり、180SXには7点ロールバーが入りました。
    90年代の終わり、大黒PAへ一度行きましたが、ダンスするクルマとかブッとんだ異次元の世界に驚いたこと覚えています。

    今はNOTEに乗っています。

  18. 当時ATが高級感あったのでQ、zのフル装備にしましたがあとあとMTにしておけばと
    後悔しながらローンを払いました。タイムマシンがあればk、zのMTに
    します

  19. 私は女で、しかもオートマ限定免許でしたが、初めての車は中古5年落ち位のS13K’sのAT車でした~紺色で、本当にカッコ良くて大好きでした~!!
    横に乗せてもらうより、自分で運転したかったので、お気に入りでした。

    その後結婚し子供が産まれて、チャイルドシートの事が有り、2ドアの車では大変で…
    泣く泣く手放しました…
    子供も大きくなったし、すっかりオバチャンになってしましたが、またこんな車に乗りたいですね!!

  20. ここまでいいものができるんだと感嘆しました
    でも大成功したのに6代目以降なんであそこまでひどくなったんだ?!
    あと走り屋御用達になりさがったのが悲しかった