5代目日産「シルビア」 女子ウケ抜群! なにが彼女たちのハートを鷲掴みにしたのか

1990年前後、デートカーの代名詞だった5代目「シルビア(S13)」。あのころ彼女たちはこのクルマをどのように見ていたのでしょうか。女子ウケが抜群に良かったその理由とは。

「デートカー」の代名詞

 1980年代後半から90年代に青春時代を送った若者にとって、クルマは恋愛の必須アイテムでした。「オレ、クルマ出すよ」とか、「送っていこうか?」などといった言葉が、現在では信じられないくらい威力を持っていたものです。週末のドライブデートを夢見て、コツコツとローンを払いながら手に入れる若者の憧れのクルマ、いわゆる「デートカー」の代表モデルのひとつが、日産「シルビア(S13)」でしょう。

170808 s13 01
日産「シルビア Q's」。スポーツ走行にも適したFRレイアウトで、さまざまな改造パーツが流通した(画像:日産自動車)。

 5代目「シルビア(S13)」は、プロジェクター・ライトを採用するすっきりしたフロントフェイスと流麗なラインを誇る、おしゃれな2ドア・クーペ(日産では「スペシャリティカー』と表現)へとフルモデルチェンジして、1988(昭和63)年に登場しました。

 リトラクタブル・ライトを備える4代目「シルビア(S12)」からガラリと変わったデザイン性の高さは、同年の「グッドデザイン大賞」や「1988~1989年日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞という実績でも証明されています。また、低めの車高と暑苦しくない外見で、女子たちにも高い評価を受けたものです。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170808 s13 06
  • Thumbnail 170808 s13 01
  • Thumbnail 170808 s13 02
  • Thumbnail 170808 s13 03
  • Thumbnail 170808 s13 04
  • Thumbnail 170808 s13 05

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. ガゼールから統一されてスッキリした頃でしたか、双子車時代は2プラグZエンジンで自分としてはフェアレディーと重なった時期もありましたね、確か?後期からタイミングチェーン式のSRエンジンに変換されましたかね?NAエンジンがQsでしたか?インパネ周りも初代セルシオ同様にシンプルさが逆に好感でしたね、この車を見てると開発部門の当時の自由さや頭の柔らかさが想像できますね、

  2. この後S14で巨大化してS15で元に戻るという変遷が謎だった。

  3. 学生時代車に縁のなかった自分にとってシルビア持ちが妬ましかったけど、今思うにヤリ彼のために何百万かけてたと思うと何か怖い時代と改めて思った。そして、その世代も今は50歳前後。
    時代感覚が狂ってるのも仕方ないかも。

  4. 元、k's乗りとして一言、インパネ周りの画像はk'sじゃない!
    アナログなのはタコメーターだけで速度計はデジタル&HUDが売りだったのに

  5. えびおやじさん
    デジタル表示とヘッドアップディスプレイはメーカーオプションでしたよ。ガラスサンルーフとセットでGパッケージというお得なセットがありました。当時K'sでオートエアコンやGパッケージ付けて乗り出しが340万くらいでした。決して安くはなかったですねぇ。