半世紀前から完璧? 超ご長寿な英国「ホーク」練習機の歩みから日本のT-4後継を考える

英国には、半世紀近く第一線を張る超長寿練習機「ホーク」があります。なぜここまで長く使われているのでしょうか。日本でも議論となっている空自「T-4」後継問題解決の参考になるかもしれません。

安定感抜群の設計 コスパにも優れる

 航空自衛隊が使用している国産練習機T-4の後継問題が、航空ファンのあいだで議論になることが多くなってきています。そのなかで思い出されるのが、より長寿で知られるイギリス空軍の練習機「ホーク」です。T-4の初飛行(1985年)よりも10年以上前の1974年8月に初飛行し、900機以上が造られて今なお現役。この秘訣は、古いものを大切にする英国の伝統だけではないようです。

Large 01

拡大画像

イギリス空軍「ホーク」練習機(画像:イギリス空軍)。

「ホーク」は、攻撃機を兼ねたことから練習機としてはオーバースペック・かつ高コストの機体となってしまったイギリス空軍のかつての練習機「ジャガー」と異なり、経済性の高さを備えた機体として仕上がりました。後席の見通しも良いタンデム式の操縦席は、練習機のスタイルを確立させた機種のひとつといってよいでしょう。

 逆にいうと、そのスタイルは変化に乏しい“地味”なものかもしれませんが、視界の良い操縦席のほかに、主車輪間のトレッドベース(左右の脚の間隔)が広いことから、安定した着陸ができるなど、練習機に必要な要素を忠実に実現しています。

 また、軽攻撃型を加えて、海外への販路を拡大したことも、「ホーク」の生産が好調に続いた一因でしょう。しかし、これらの「ホーク」の中身は生産初期のそれとは別です。

「ホーク」の最新型AJT(高等ジェット練習機)となる派生型Mk.128などは、多機能ディスプレイやミッション・データ記録システムなど、最新のアビオニクス(航空用電子機器)を装備しています。

 つまり「ホーク」は訓練生にとって扱いやすい機体という特長を残したまま、中身を時代に合わせてリニューアルしてきたのです。変えるところと変えない部分を柔軟に組み合わせる――これを秘訣にして、「ホーク」は今もなお現役なのです。

【写真】全く古くないやん… 最新型「ホーク」の操縦席に肉薄!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to 只野太郎 Cancel reply

1件のコメント

  1. 取り敢えず20mmバルカンパック又はイコライザー機関砲パックと90式とサイドワインダー並びにロケット弾ポッドを運用可能に改良して欲しいですね。