西武鉄道も「バリアフリー化値上げ」決定 ホーム柵整備費用など「10円加算」

2023年3月頃から加算運賃が適用予定です。

国の新運賃制度に基づく上乗せ

Large 220803 seibu 01
西武30000系電車(画像:西武鉄道)。

 西武鉄道は2022年8月4日(木)、ホーム柵を設置するなどバリアフリー設備の整備をすすめるとともに、運賃を値上げする方針を発表しました。値上げ開始予定は2023年3月頃としています。

 これは2021年12月に国土交通省が策定した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用し、バリアフリー化にともなう諸費用を運賃に上乗せするものです。西武は今後バリアフリー設備の設置や維持に550億円以上が必要としています。

 この料金制度のスタートにより、「改定認可」ではなく「届出」だけで上乗せ運賃を施行することが可能となります。すでに複数の鉄道事業者がこの制度を用いて、国土交通省あて運賃変更の届出を行っています。

 西武では現状、池袋駅や西武新宿駅、高田馬場など主要6駅でホーム柵が設置済み。これを2030年度までに23駅へ拡大します。あわせてホーム隙間の縮小設備や、車内フリースペースも拡充されます。

 値上げ額は普通運賃で10円の予定。これに合わせ定期代も増額となります。

【了】

【図表】値上げ後の運賃

最新記事

コメント